본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国女子ハンドボール、韓日定期戦8連勝…男子部と同伴勝利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国女子ハンドボール代表が7日、仁川仙鶴体育館で開かれたハンドボール代表韓日定期戦第2戦で勝利した後、記念撮影をしている。 写真=大韓ハンドボール協会

韓国男女ハンドボール代表が3年ぶりに復活した日本との定期戦第2戦を共に勝利で飾った。キム・ラスムセン監督(デンマーク)が率いる韓国女子ハンドボール代表は7日、仁川(インチョン)仙鶴(ソンハク)体育館で行われた国家代表韓日定期戦第2戦で23-19で勝利した。女子部の定期戦は2013年から8連勝。韓国は男子代表の試合でも33-23で完勝した。4日に名古屋で行われた第1戦では女子代表が25-19で勝利し、男子代表は19-25で敗れた。これで韓国は2008年に始まった韓日ハンドボール定期戦の通算成績が男子部10勝2敗1分け、女子部10勝2敗となった。伝統のライバルにふさわしく女子部の試合は互角に進行した。前半は11-11で、後半序盤まで接戦が続いた。後半13分にユ・ソジョンとイ・ミギョンの連続得点で16-14とリードし、19分にはカン・ギョンミンとキム・ソラの得点で4点差をつけた。後半23分には日本に3連続得点を許して19-18まで追い上げられたが、後半26分のウォン・ソンピルとイ・ミギョンの得点、GKの好セーブで勝機をつかんだ。イ・ミギョンとカン・ギョンミンは共に7得点をマークし、イ・ミギョンが最優秀選手(MVP)で選ばれた。GKオ・サラは防御率43.8%の活躍を見せた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기