본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

歌手練習生のハン・ソヒ、「執行猶予中にメタンフェタミン」裁判中にまた麻薬…検察、懲役1年6月求刑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

懲役1年6月求刑されたハン・ソヒ被告。[写真 インスタグラム]

元歌手練習生のハン・ソヒ被告(27)が麻薬投薬容疑で再び起訴されて裁判を受けている事実が一歩遅れて確認された。

25日、韓国の東部地検によると、検察は今年1月麻薬類管理に関する法律違反(向精)容疑でハン被告を起訴した。

ハン被告は昨年7月、ソウル中浪区(チュンナング)のあるオフィステルで俗称「ヒロポン」と呼ばれる向精神性医薬品である「メタンフェタミン」を使用した容疑がもたれている。

昨年7月はハン被告が執行猶予期間中に再び麻薬を使用した容疑で1審裁判を受けていたときだ。当時ハン被告は不拘束状態で裁判を受けていた。

裁判はソウル東部地方裁判所で進められており、検察は24日に開かれた結審公判でハン被告に懲役1年6月を求刑した。

裁判部は来月ハン被告の麻薬使用容疑に対する1審宣告を下す予定だ。

一方、ハン被告が麻薬容疑で起訴されたのはこれまで分かっているものだけで今回が3回目だ。

ハン被告は2016年10月、ボーイズグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバーだったT.O.P(トップ)と共に、ソウル龍山区(ヨンサング)にあるT.O.Pのの自宅で計4回にわたり大麻を使用した容疑で起訴された後、懲役3年・執行猶予4年を宣告された。

その後、保護観察所の保護観察下で定期麻薬陽性に対する検査を受けている間、2020年7月7日の尿検査でメタンフェタミンおよびアンフェタミンなど向精神性医薬品陽性反応が出てきた。このためハン被告は保護観察所に20日拘禁される一方、検察は懲役刑執行猶予の取消申請を行った。

1審は執行猶予期間中に同種犯罪を犯した点を考慮して懲役1年6月を宣告した。当時裁判部は逃走の懸念があるハン被告に対して拘束令状を発行したが、この言葉に激高したハン被告が法廷内で暴言を吐くこともあった。

ハン被告は法理誤認、事実誤認、量刑不当を理由に控訴したが、控訴審裁判部は証拠に照らして判断した内容が正当だとし、ハン被告の主張を受け入れなかった。大法院(最高裁)も先月28日、原審の判断が問題がないとみてハン被告の上告を棄却、懲役1年6月を宣告した原審を確定した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기