본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【グローバルアイ】彼らが安倍氏の国葬に反対する理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
#国葬させない最近、日本のツイッターで行われているハッシュタグ運動だ。先月8日に参議院選挙の応援演説中に亡くなった安倍晋三元首相の国葬問題で、最近、日本が騒がしい。連日、首相官邸、衆議院会館前で反対デモが行われ、オンライン署名運動も行われている。岸田文雄首相が先月22日、安倍元首相の葬儀を国葬で執り行うことを閣議で電撃決定した時は、これほど反発が大きいとは予想できなかっただろう。死者について良くない発言を控える日本文化に加え、参議院選挙の圧勝が安倍氏を追悼する国民の意思の反映と解釈されたためだ。しかし、国民の考えは違った。保守右翼を代表する産経新聞の調査でさえ、国葬に対する賛成が50.1%で、反対(46.9%)を少し上回っただけだ。共同通信の調査では反対が53.3%で賛成(45.1%)を上回り、日本経済新聞の調査でも反対(47%)が賛成(43%)より多かった。日本政府は安倍氏が憲政史上最長の8年9カ月間在任した首相という点を強調しているが、安倍氏の政治が日本を「良い国」にしたかについては評価が分かれる。日本経済は回復せず、「先進国から脱落直前」という評価が出ている。安部氏に関係のある各種政治スキャンダルは完全に解消されていない。特に、日本社会でイメージが良くない統一教会と安倍氏の関連性が徐々に明らかになり、人々の心は背を向けている。何よりも、国が主導して追悼と悲しみを強要する「国葬」という制度に反感が大きいようだ。これまで日本の歴代首相の中で国葬を行ったケースは、戦後日本の再建を導いたと評価される吉田茂元首相(1878~1967)が唯一だった。安倍氏の国葬を見つめる日本人の心理を、ある大学教授はこう説明した。「国家が率いた戦争で苦痛を経験した後、日本人は長い間『国家主義』を拒んだ。『君が代』斉唱を拒否する運動が長く続いたほどだ。そんな日本に国家主義を蘇らせようとした人物が安倍氏ではないか。なのに、彼の葬儀まで国葬で執り行うとは、本能的にこれは違うと感じるというか」。国葬に対する反感は岸田政権の支持率下落にまでつながっている。最近の共同通信の調査で、内閣支持率は20日前の調査に比べて12.2%も下がった。最初は国民の顔色を伺っていた野党も、「野党との協議や世論の調査なしに下した一方的な決定だ」とし、政府を攻撃した。これまで「聞く力」を強調してきた岸田首相がどんな決定を下すのか気になる。イ・ヨンヒ/東京特派員

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기