본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮「ペロシ氏の台湾訪問、米国の破廉恥な内政干渉…中国の立場支持」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ナンシー・ペロシ米国下院議員が1991年、中国北京天安門広場で「中国の民主主義のために命を捧げた人たちに」と書かれたプラカードを取り出している。[写真 米国下院議長室]

北朝鮮は3日、米国の権力序列3位であるペロシ米下院議長の台湾訪問に対し「米国の破廉恥な内政干渉行為」と指摘した。

朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官はこの日「最近、米議会下院議長の台湾訪問問題が国際社会の大きな懸念をそそっている」としてこのように明らかにした。

外務省報道官は「米議会下院議長の台湾訪問問題に関連して、中国は数回にわたって必ず確固たる、強力な措置を講じるであろうし、その結果は米国が全責任を負うことになるであろうとの立場を表明した。現在の状況は、米国の破廉恥な内政干渉行為と意図的な政治的・軍事的挑発策動こそ、地域の平和と安全を害する禍根であることを示している」と話した。

続けて「台湾は中国の不可分の一部分であり、台湾問題は中国の内政に属する問題である。自国の内政に露骨に干渉し、領土保全を破壊しようとする外部勢力の行為に対応措置を取るのは、主権国家の当然な権利である」と主張した。

その上で「われわれは、台湾問題に対する外部勢力の干渉行為を糾弾、排撃するとともに、国家の主権と領土保全を断固と守り抜こうとする中国政府の正当な立場を全的に支持する。中国の成長、強化と統一偉業の遂行を阻害しようとする米国の企図は挫折を免れないであろう」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기