본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓米日協力が世界平和の中心軸」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が29日、スペイン・マドリードのIFEMAコンベンションセンターで開かれた韓日米首脳会談で、米国のジョー・バイデン大統領と日本の岸田文雄首相と話を交わしている。カン・ジョンヒョン記者

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は29日(以下、現地時間)、NATO(北大西洋条約機構)首脳会議が開かれているスペイン・マドリードで米国のジョー・バイデン大統領、日本の岸田文雄首相と首脳会談を行った。この日午後2時30分、マドリードのIFEMAコンベンションセンターで開かれた会談で、3首脳は同じ声で北朝鮮の核開発とミサイルに対して懸念を示し、3国共助を強調した。

冒頭発言を行ったバイデン大統領は「米日韓3角協力は韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化、自由で開かれたインド太平洋など共通の目標を達成するために非常に重要だ」とし「このような形式の対話が続き、3か国の協力が強化されることを希望する」と述べた。また「北朝鮮が引き続き核実験を行うという懸念がある」とした。

続くて尹大統領は「北朝鮮の核・ミサイル脅威が高度化され、国際情勢の不安定性が高まった状況で、韓米日協力の重要性はさらに高まった」とし「約5年ぶりに開催された韓米日首脳会議は地域およびグローバル問題解決に向けて協力を強化しようとする3国の意志を示したもので、世界平和と安定のための重要な中心軸として位置づくことを期待する」と述べた。

岸田首相は「日米同盟、米韓同盟の抑止力を高めることを含め、日米韓の連携強化は不可欠だ」とし「北朝鮮による核実験が行われた場合は、共同訓練も含め日米韓で対応したい」と述べた。あわせて「日米同盟の抑止力、対処力強化のためにも、わが国自身の防衛力を抜本的に強化していきたい」と付け加えた。

非公開で行われた会談で、尹大統領は「北核問題は至急対応しなければならない3国の共同課題」とし、北朝鮮の挑発に対して原則に沿って強力に対応していく一方、北朝鮮が対話テーブルに復帰することができるように韓日米3国が引き続き緊密に協調していくことを提案した。北朝鮮の持続的な核・ミサイル プログラム進展が、韓半島だけでなく東アジアや国際社会に深刻な脅威になるという認識で一致した3国首脳は、米国の拡張抑制公約の強化と北朝鮮の核・ミサイル対応のための3国間安保協力水準を高めていく方案に対しても緊密に協議していくことにした。

3国首脳会談に入る前、尹大統領はドア・ステッピング(door stepping)と呼ばれる略式会見で「韓米日間に北核危機に関連して安保協力を強化しなければならないという共感がある」とし「安保協力は北核が高度化されるほどますます強化されると考える」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기