본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ウクライナ、「EU候補国」地位付与…申請から4カ月の迅速決定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ウクライナが欧州連合(EU)の候補国地位を与えられた。

23日(現地時間)、ロイター・AFP通信などはEU加盟国の首脳がウクライナにEU加入候補国地位を付与することで合意したと報じた。

EU首脳会議(欧州理事会)のシャルル・ミシェル常任議長はこの日、ツイッターに加盟27カ国の首脳がこの日ベルギー・ブリュッセルで開かれた首脳会議でウクライナとモルドバに対するEU加入候補国地位を決定したとし「歴史的瞬間」と明らかにした。

あわせてウクライナとモルドバに「今日は皆さんがEUに向かう道において重大な段階」としながら両国の国民と首脳を祝うと付け加えた。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領はこのことが伝えられた直後、ツイッターに「非常に特別で歴史的な瞬間」としながら「ウクライナの未来はEUにある」とした。

通信はウクライナのEU加入に対してロシアのウクライナ侵攻によって触発された大胆な地政学的措置だと評価した。今回の動きはロシアの侵攻を受けたゼレンスキー大統領が2月28日に公式にウクライナのEU加入を要請したことに伴うものだ。その後、旧ソ連に属していたジョージアとモルドバも相次いでEU加入を申請した。

EU加入のためには申請、公式加入候補国地位の獲得、正式加入交渉進行、承認の段階を経るが、欧州委員会は17日加盟国にウクライナとモルドバにEU加入候補国地位を付与することを勧告した。また、加盟国の首脳が執行委の意見を評価してこの日このような決定を下した。

ただし、ウクライナが正式に加盟国資格を得るまでは数年から数十年かかる場合があるという見方もある。現在の時点で一部の加盟国はウクライナの候補国地位に微妙な態度を示しているためだ。ウクライナはEU法を受け入れ、履行する意思と能力があるかどうか検証を受けることになり、司法・行政・経済などで加入に必要な基準に合わせて改革措置を履行しなければならない。

候補国地位を取得したからといって加入交渉が開始されるわけではなく、EU加盟27カ国の政府がすべて同意しなければならない。交渉後も加入承認のためにはすべて加盟国政府と欧州委員会、欧州議会の支持と各加盟国議会の批准を経なくてはならない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기