본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

水痘と症状が類似、長い潜伏期…サル痘「静かな感染」懸念=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サル痘が韓国に流入し、地域社会への感染に対する懸念の声が上がっている。専門家は大規模流行の可能性は小さいと予想しながらも今後「静かな感染」が行われる可能性があるとし、町の病院・医院など地域社会の監視網を強化しなければならないと呼びかける。

23日、疾病管理庁によると、前日国内で初めて感染者が確認された後、追加の疑い申告はない状況だ。しかし、専門家は「持続して海外流入が起きて国内で2次、3次感染事例も発見されるだろう」〔嘉泉(カチョン)大学予防医学科のチョン・ジェフン教授〕と分析する。

サル痘の潜伏期と症状を考えると、空港・港湾検疫過程でふるいにかけられない恐れがある。水痘と判明された釜山(プサン)の疑い患者のように、入国の際に疑い症状があっても本人が申告しなければ逃がしかねない。

順天郷(スンチョンヒャン)大学富川(プチョン)病院感染内科のキム・タク教授は「前駆症状(潜伏期や無症状感染期に現れる軽い症状)が現れず、発疹が発生する部位が良く目に見えない所なので患者が自ら報告したり、病院を訪問したりする可能性が小さい可能性がある」とし、「診断の遅延や脱落による『静かな感染』が可能になるということを意味する」と話した。

水痘などと症状が似ており、誤認する可能性もある。高麗(コリョ)大九老(クロ)病院感染内科の金宇柱(キム・ウジュ)教授は「珍しく大人でも水痘が発生するが、初期に来院すれば熱があるだけで発疹がない可能性もあり診断が難しいかもしれない」とした。

専門家は疑い症状が現れれば、患者が主に訪れる1次医療機関での監視網が重要だと強調する。

金宇柱教授は「医療スタッフが疑わなければ申告もしないだろうし、申告しなければ検査もせず患者を逃がすことになる」とし、「まず発疹と水泡などがあれば、3週間内の旅行力を確認して感染者と接触力があるかを疑って鑑別診断をしなければならない」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기