본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

来韓トム・クルーズ「『トップガン』続編、相当なプレッシャーがあった」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

トム・クルーズは映画『トップガン マーヴェリック』で戦闘機のアクションシーンをスタントを使わずに撮影した。[写真 ロッテエンターテインメント]

「映画を見ながら泣いてもいいですよ。すべて皆さんのためのものです」

36年ぶりに戦闘機のパイロットとして帰ってきたトム・クルーズ(60)は長い歳月を共に過ごしてきた「中年」ファンにこう語りかけた。20日、ソウル蚕室(チャムシル)で開かれた『トップガン マーヴェリック』のメディア懇談会でだ。

『トップガン マーヴェリック』はトム・クルーズを一躍スターダムにのしあげた1986年公開作『トップガン』から続く36年ぶりの続編だ。前編で血気盛んな戦闘機パイロットエリート養成学校の生徒だったピート・ミッチェル、コールサイン名「マーヴェリック」(トム・クルーズ扮)は今や特殊任務を担当する後輩操縦士を訓練する教官となった。韓国等はまだ公開前だが、すでに全世界では興行収益8億8500万ドル(約1194億円)を突破した。トム・クルーズ主演作の中でも最高興行作となった。

17日から10回目の来韓日程をこなしているトム・クルーズはこの日の懇談会でも韓国の観客に映画を公開できる喜びを全身で表現していた。今回の来韓にはプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーから、「マーヴェリック」と生死をかけたミッションを遂行する弟子役の俳優マイルズ・テラー、グレン・パウエル、ジェイ・エリス、グレッグ・ターザン・ラミレスら映画の主役が総出動した。

公開する映画という映画をことごとくヒットさせるトム・クルーズだが、青春の一時期の表象のように残っている映画の続編をリリースする決定は簡単なものではなかった。トム・クルーズは「数年間、どこの国に行っても『トップガン』の続編は作らないのかという質問を受け、事実、相当なプレッシャーがあった」とし「(製作者)ジェリーとどのような要件を持って映画を作ればよいか話を交わし、前編から続く同じキャラクターと感情ラインが必ずなければならないと考えた。ファンを失望させたくなかったから」と打ち明けた。

実際、『トップガン マーヴェリック』の場面をそのままオマージュするなどノスタルジーを刺激する要素が随所に散りばめられている。慌ただしい滑走路を背景に『Top Gun Anthem』とケニー・ロギンスの『Danger Zone』が順に流れるオープニング・シークエンスから前編の思い出を呼び戻す。ストーリーにも時間変化に伴う人物の歴史が溶け込んでいる。

戦闘機アクションシーンも1980年代よりも向上した技術力で完成度が高まりさらにリアルになった。前編ではトム・クルーズを除いた俳優の大部分が実際の航空訓練を受けないで撮影した。今回はチーム員役のすべての俳優が米海軍と協業して5カ月ほど飛行訓練を受けた。製作スタッフは操縦席内部を撮影できるカメラを自ら開発した。トム・クルーズは「このような細部的な努力がなければキャラクタービルディングがきちんとできない」とし「それぞれの俳優が持つ独特なキャラクターは凄まじい努力が幾重にも積み上げられて作られている」と説明した。
来韓トム・クルーズ「『トップガン』続編、相当なプレッシャーがあった」(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기