본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮が恐れる米国B-1B爆撃機…「早ければ6月に韓半島上空飛行」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

米空軍の爆撃機B-1Bランサー 写真=米空軍

北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、米国が軍事的対応を検討している。その一環として爆撃機B-1Bが早ければ来月にも韓半島(朝鮮半島)に展開される見通しだ。

米国防総省のカービー報道官は27日(現地時間)の定例記者会見で、北朝鮮に対し「軍事的観点で適切な対応を模索する機会を探していく」と述べた。

国連安全保障理事会での中国とロシアの拒否権行使で対北朝鮮制裁が効果的に作動しない状況で、軍事的な方法で対北朝鮮抑止力を強化する緊急性を感じているかという質問に対する返答だった。


もちろんカービー報道官は「北朝鮮がこうした発射を継続して朝鮮半島で不安と不安定を引き続き誘発する場合」という前提を付けた。

カービー報道官は韓国、日本と共に実施した連合訓練を軍事的対応の一つに挙げた。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)と短距離弾道ミサイル(SRBM)を同時に発射した25日に実施された韓米の連合地対地ミサイル実射撃訓練を意味する。同じ日、米国の戦略核爆撃機B-52Hも日本の東側を飛行した。この時、日本航空自衛隊の戦闘機がB-52Hを護衛したとみられる。

米国は軍事的対応の次のカードとしてB-1Bの展開を取り出そうとしている。匿名を求めた政府筋は「米空軍は早ければ来月にもB-1B編隊をグアムに配備すると聞いている」とし「韓米がB-1Bの韓半島飛行について協議を始める」と話した。

B-1Bは核兵器搭載能力を除去したが、北朝鮮が恐れる米国の戦略資産の一つ。北朝鮮が挑発するたびに米国の拡大抑止戦略担保物として韓国に頻繁に展開された。また有事に備えて韓国空軍の戦闘機がB-1Bを援護した。

2017年12月に韓米空軍の大規模な連合空中訓練ビジラントエース(Vigilant ACE)に参加するために韓国に来たのが最後だった。その後、米朝非核化交渉が行われ、トランプ米大統領が戦略資産展開請求書を韓国に出したことで、B-1Bの韓半島展開が中断した。

アンジェロ州立大学のブルース・ベクトル教授はボイス・オブ・アメリカ(VOA)のインタビューで「北朝鮮が引き続きミサイル試験を続ければ朝鮮半島への戦略資産展開の規模、回数、配備時間が増えるだろう」と話した。



関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴