본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

フィンランドのNATO加盟方針にロシアが反発…「軍事的報復が不可避」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ロシアと国境を挟む中立国のフィンランドが12日(現地時間)、北大西洋条約機構(NATO)加盟方針を公式化すると、ロシアは「報復」に言及しながら反発した。

この日、ロシア外務省は声明を発表し、「フィンランドの(NATO加盟の)動きはロシアとフィンランドの関係だけでなく、北欧地域の安全に深刻な損傷を負わせるだろう」と述べた。続いて「ロシアは軍事的報復と同時にその他の報復をせざるを得ない」と警告した。ただ、いかなる報復をするかについては具体化しなかったと、BBCは伝えた。

ロシアのペスコフ大統領報道官は記者らに「(NATOの)拡張がどれほど進むかにすべてのこと(ロシアの報復措置)がかかっている」と述べた。

この日、フィンランドのニーニスト大統領とマリン首相は共同声明を出し、「フィンランドのNATO加盟を遅らせない」とし「NATOはフィンランド(の防衛能力)を強化させる。フィンランドもすべての安保同盟のために力になる」と明らかにした。

BBCによると、ニーニスト大統領は声明発表後、ロシアの反発を意識するように「NATO加盟は誰かを害するためのものではない」と話した。

第2次世界大戦以降、中立国の地位を維持してきたフィンランドは、ロシアによるウクライナ侵攻後からNATO加盟の議論を進めてきた。フィナンシャルタイムズ(FT)によると、フィンランド国民のNATO加盟賛成率は以前まで20-30%にすぎなかったが、実際に侵攻が始まってから76%まで高まった。

フィンランドがNATOに正式加盟するには30加盟国の議会の批准手続きを踏む必要がある。NATO加盟申請から実際の加盟まで数カ月かかり、この期間の安保の空白が懸念される。これに関連しジョンソン英首相は11日、フィンランドとスウェーデンを訪問し、各国と英国の相互防衛条約を締結した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기