본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロシア軍、母を縛って11歳少年をレイプした事実が明らかに

ⓒ 中央日報日本語版

1歳の赤ん坊に性的虐待を犯したと伝えられるロシア軍人

ロシア軍が母を縛ってウクライナの11歳少年を性的暴行(レイプ)した事実が明らかになった。

13日(現地時間)、英紙ミラー、米誌ニューズウイークなど外信によると、ウクライナの人権オンブズウーマン、リュドミラ・デニソワ氏はブチャで11歳少年がロシア軍人にレイプされたと伝えた。

当時、ロシア軍は少年の母を椅子に縛っておいてレイプの場面を強制的に見させたことが分かった。

デニソワ氏は14歳の少女がロシア軍人5人に集団レイプされて妊娠したという事実も伝えて「ロシア軍隊は子どもたちをレイプするなど、残忍さの水準が果てしない。テロリストと変わらない」と批判した。

これに先立って、ウクライナの性的暴行および家庭暴力被害者支援団体「ラストラダウクライナ」関係者は「ロシア軍が民間人を対象に性的暴行を繰り返し、これを戦争の手段として利用している」と明らかにしたことがある。

また、関係者は「衝撃が消えるごろ、さらに多くの人が通報するだろう」とし、「数千人の女性や幼い少女がレイプされた可能性がある」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기