본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BIGBANG「4年間の自粛期」を終えてカムバック…音源は1位、YG株価は下落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アイドルグループBIGBANGが4年ぶりに発表したアルバムが5日、韓国音源サイトのリアルタイム チャート1位にのぼった。左からT.O.P、G-DRAGON、SOL、D-LITE。[写真 YGエンターテインメント]

4年ぶりに新規アルバムを発売したボーイズグループBIGBANGに対してYGエンターテインメントは「王の帰還」「真のアーティストグループ」「強い存在感証明」などと自評した。5日深夜12時に公開した『Still Life』の音源は当日韓国音源サイトであるメロン、フロー、ジニー、バグス、バイブなどのリアルタイムチャートで全部1位にのぼった。YG側は「全世代を対象にする幅広い大衆性、独創的な芸術性を兼ね備えたアーティストグループとして評価されるBIGBANGの優れた音楽力が作り出した成果」と明らかにした。

エンターおよび投資業界の関心は「BIGBANGが依然としてBIGBANGだろうか」に集まる。活動再開に対する期待で、年初比50%以上上昇したYGの株価は5日、6.40%下落した6万5800ウォンで取り引きを終えた。外国人と機関投資家の売りのためだ。4年間待ったことにに比べて多少残念な出発だ。

BIGBANGの空白期は事実上「自粛期」だった。大麻吸引で執行猶予を受けたT.O.Pも大麻草波紋に巻き込まれたG-DRAGON、そして所有ビル内売春風俗店の物議をかもしたD-LITE、いわゆる「バーニング・サンゲート」(売春、性暴行処罰法、食品衛生法など9つの疑惑で有罪)で2019年脱退したV.Iまで、各種事件・事故で否定的な世論がBIGBANGを越えてYG全体に広まった。ヤン・ヒョンソク前代表まで遠征賭博と歌手B.Iの麻薬隠ぺいの疑惑などで代表職から退いた。

もう一つの悪材料もあった。YGの子会社であるYGスタジオフレックスは昨年、ファンタジー時代劇『朝鮮駆魔師』の歴史歪曲問題で苦戦を強いられた。視聴者の激しい非難で放映2話で早期に放映終了し、320億ウォンの製作費を無くした。YGの3大株主は中国テンセント(騰訊)とウェインの合弁会社だ。今後も中国の東北工程などでYGはまた困難にぶつかるかもしれない。BIGBANGのカムバックがやっと落ち着いた各種論議を再点火させる可能性もある。

YGがBIGBANGのカムバックを押しつけたのは投資業界の要求があったためだ。今年初め、証券街はYGの目標株価を引き下げて「BIGBANGの長い間の空白」を理由にあげた。1月サムスン証券はこれまで9万1000ウォンだったYGの目標株価を7万8000ウォンに引き下げた。イーベスト投資証券とSK証券もそれぞれ1万8000ウォン、1万6000ウォン引き下げた7万~7万7000ウォンに目標株価を設定した。その理由で「主なアーティストの活動空白が長くなっている」として「世界的なファンダムを持つBIGBANGの活動再開がYGの売り上げ増大のために必要だ」と分析した。

だが、YGは昨年、BIGBANGなしで創社以来最大の実績をあげた。YGの昨年売り上げは前年より39.3%増えた3556億ウォン、営業利益は370.4%増加した506億ウォンだ。ガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)が実績を牽引した。ジェニー・ジス・ロゼ・リサなどメンバーはシャネル(CHANEL)・ディオール(Dior)・セリンヌ(CELINE)・サンローラン(Saint Lauren)など高級ブランドの代表モデルとしても活動中だ。新人ボーイズグループTREASUREも先月、オリコンランキングで1位となりYGを支えている。

YGに対する見通しは分かれる。イーベスト投資証券のアン・ジナ研究員は「YGはBIGBANG、BLACKPINKなど主力アーティストのカムバックとコンサート再開が本格化する4-6月期から実績が改善するだろう」と見通した。他の証券業界関係者は「ファンダムが依然としてかたいのは事実だが、熱心なファンを越えて大衆的な人気を回復することができるかは別の問題」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기