본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ハリウッドスターもハマった…韓流に乗って米国を魅了させた「進撃のキムチ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

29日、稼動を始めた大象の米国キムチ工場で職員が会議を行っている。[写真 大象]

韓国キムチが欧米圏に領域を広げている。アジア人だけでなく、伝統的な韓国料理に慣れない西洋人の攻略に出た。

特に、欧米圏でキムチを多く食べていることが分かった。最大キムチ輸出国である日本の昨年輸出額は前年より12.7%増えたが、米国は22.5%、欧州は24.9%に増加幅がはるかに大きかった。特に、昨年米国キムチ輸出額は2825万ドル(約35億円)で、2017年に比べ3倍水準だ。

これを受け、韓国のキムチ会社も米国を中心に欧米圏の攻略に出た。29日、韓国食品大手である大象(テサン)は米国カリフォルニア州ロサンゼルス(LA)近隣のシティ・オブ・インダストリー(City of Industry)に1万平方メートル(約3025坪)規模のキムチ工場を完工したと明らかにした。米国内初めての韓国キムチ工場だ。約200億ウォン(約20億円)を投じたこの工場では年間2000トンのキムチを生産することができる。

ここでは一般のキムチをはじめ、ヴィーガン(完全菜食主義)キムチ、白キムチ、ビットキムチ、ピックルダイコン、薬味キムチ、キャベツキムチなど10種類のキムチを作る。米国内で販売するキムチブランドも「ジョンがジプ」でない「Jongga」に変えた。現地人が発音しやすくするためだ。

CJ第一製糖も欧米圏攻略に集中している。昨年、米国・カナダなど北米地域のビビゴキムチ輸出額は前年より40%増えた。グルテンフリー(Gluten Free)、ヴィーガンなど米国現地文化を反映した製品も発売している。塩辛を使わず100%植物性原料で作った「ビビゴPlanTableキムチ」を昨年12月オーストラリアやシンガポールに発売した。

欧米圏でキムチが人気を呼んだのはK-POPなど韓流影響が大きい。韓国アイドルや韓国ドラマに登場する俳優がキムチを食べる姿を見た西洋人が好奇心を感じてキムチを探す。

昨年3月、中国で裸で白菜を塩漬けにする映像が公開された後、中国産キムチの需要が減った影響もある。このため、大韓民国キムチ協会は「大韓民国キムチ」を世界各国に商標として登録する「国家名地理的表示制」の申請を推進している。地理的表示制は特定商品の名声がその地域ならではの特性のために作られたなら該当原産地の名前を商標権として認める制度だ。韓国キムチに認証マークをつけるという意味だ。

新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の予防にキムチが有効だと知られたのも理由だ。昨年、フランスのモンペリエ大学肺医学科が発表した研究がきっかけになった。ジャン・ブスケ肺医学名誉教授研究チームと世界キムチ研究所は共同研究結果、キムチの材料であるハクサイ・トウガラシ・ニンニクなどに含まれた各種栄養成分が人体内坑酸化システムを調整し、新型コロナ症状を緩和すると明らかにした。

ハリウッドスターのキムチに対する関心も一役買った。女優グウィネス・パルトローは昨年本人が創刊した雑誌「GOOP」のホームページに「(新型コロナ)回復のために低炭水化物高脂肪や菜食中心の献立、砂糖無しのコンブチャ、キムチをたくさん食べる」として「深く調べた結果、ついに私の体はは再びエネルギーを得た」と掲載した。

女優ミーガン・フォックス、俳優ヒュー・ジャックマン、女優クロエ・グレース・モレッツなども本人のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やインタビューに「キムチを好んで食べる」と明らかにした。食品業界関係者は「現地化戦略、徹底した生産・流通管理などでキムチに対する関心が韓国伝統食全体に対する関心に拡大することができるように取り組む必要がある」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기