본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「脱営時は射殺」命令にパニック…ロシアの軍人が自分の体にしたこと

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ウクライナ首都キーウにロシア軍のタンクが捨てられている。 [ツイッター]

ウクライナを侵攻して戦争中のロシア軍が、脱営を試みる兵士を死刑で処罰しているという外信報道が出てきた。

22日の英デイリーメールによると、ウクライナ保安局はロシア軍捕虜の証言を基に「ウクライナ戦線から逃げるすべての兵力を射殺しろという(ロシア軍指揮部の)命令が下った。これは過去のスターリンの恐怖政治時代に実行された刑罰戦術の復活」と主張した。ウクライナに派兵されたとされるチェチェン民兵隊がロシア軍の脱営兵を阻止する任務を遂行しているという報告もあると保安局は伝えた。

ウクライナのシンクタンク国防戦略センターは「自身の境遇を悲観して死を避けるために脱営を選ぶロシア軍人が増加している」と話した。ウクライナ国防省はロシアの何人かの兵士が本国に戻るため自分の足に銃を撃って負傷したとみている。ロシアの兵力の4分の1は職業軍人ではない徴収兵で構成されているとデイリーメールは伝えた。

ロシアの一部部隊の命令拒否事例も伝えられた。ウクライナ国防省は「21日にウクライナ北東部スミで広がった戦闘の末にロシア軍300人が『戦闘命令実行を拒否する』として逃げた」と明らかにした。ウクライナ軍が22日に再奪還した首都キーウ(キエフ)近郊では私服に着替えたロシア軍が車を盗んでベラルーシ国境側に逃げたという証言が出てきた。南部ヘルソンとミコライウでも戦わずに退却するロシア兵が急激に増加したとウクライナ国防省は伝えた。

ロシア国内のエリート部隊ではウクライナ追加派兵に従っていないという主張も出てきた。ウクライナ国防改革センターのオレクサンドル・ダニルク所長はデイリーメールに「(ロシア)海兵隊旅団220人ほどが戦闘を拒否したし、特殊部隊所属旅団長1人は増援軍派兵を拒否し停職処分を受けた」と話した。

このようにロシア軍の脱営と命令不服従が拡大する背景にはウクライナの宣伝戦も一役買っている。ウクライナ内務相顧問は22日、フェイスブックに「この数週間、われわれはロシア軍が使う携帯電話に『装備を渡して降参する方法』に関するメッセージを送ってきた。降参するロシア軍には終戦後1万ドルとウクライナ市民権申請の機会を提供し、戦争中にはテレビ、台所、シャワー室などを備えた施設で生活できるようにすることを約束した」と伝えた。彼によると、その結果数日前にロシアの戦車部隊を率いるある指揮官が「亡命したい」と返答したという。

自発的にウクライナ特殊部隊によって身柄を確保されたロシア軍指揮官は「部隊には食糧もなく指揮体系は混乱した状況で兵士たちの士気は非常に落ちている。指揮部のための銃弾避けに使われているということを悟った兵士たちが戦車を含む軍事装備を持って脱走している」とウクライナ軍に伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기