본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「ドア」との熾烈な決闘…家電商店を銃で撃ったロシア兵の最後

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2日,ロシア兵がウクライナ・ヘルソンの電化製品販売店「テクノハウス」でドアのガラスを割る様子[映像 ツイッターキャプチャー]

ロシアのウクライナ侵攻が序盤で苦戦しているという西側の評価が相次いでいる。特に、ロシア軍が燃料や弾薬、食糧不足の中、軍需物資の供給が困難な状況で、あるロシア兵がウクライナの電化製品販売店を襲撃しようとしたが、結局失敗に終わる様子まで公開された。

3日(現地時間)、ヘラルド・サンなどの外信が、前日ウクライナ・ヘルソンでロシア兵が「テクノハウスの戦い」で玄関のドアと激突し、敗北したと報じた。 テクノハウスとはウクライナの電子製品販売店だが、ロシア兵が銃で商店のドアを壊そうとして失敗したことを滑稽に表現したものだ。

公開された映像で、ロシア兵は商店のドアを壊すために銃弾を撃ち、ドアを押す。しかし、ドアはなかなか開かず、結局ドアに付いていたガラスまで割る。それでもドアは壊れず、この兵士はドアノブを引っ張るなど数回にわたる死闘の末、あきらめてその場を離れる。

この映像を見た海外のネットユーザーらはオンライン参加型百科事典「ウィキペディア」に「テクノハウスの戦い2022(Battle Of Techno House 2022)」というページまで作成した。このページには、戦闘員は「ロシア兵vs商店の入り口のドア」と書かれ、ドアが決定的勝利を収めたと説明されている。また、死傷者・被害項目には「弾薬」、「ガラス窓」、そして「ロシア兵の自尊心」と記されている。

一方、西側諸国は当初、ロシアの侵攻から1-4日以内に首都キエフが陥落すると分析していたが、ウクライナは決死抗戦し、中々に善戦している模様だ。

ワシントンポスト(WP)やCNNなどによると、軽武装したロシア軍が支援なしに敵陣に入り、捕捉または射殺されたケースも少なくない。また、戦闘機とヘリコプターが撃墜され続けており、軍需物資の供給失敗で燃料が底をつき、ロシア軍が道路で足止めされ、捕捉される場合もある。ロシア軍は燃料と弾薬、食糧不足の中で軍需物資の供給が困難な状況だ。

ロシア兵の「商店との闘い」もロシア軍の補給不足によるものと分析される。最近、賞味期限が過ぎた戦闘食糧が配給され、耐えかねたロシア兵らがウクライナの民家や食料品店で強奪する事件が発生したという外信報道も出ている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기