본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<韓国大統領選>尹錫悦・安哲秀一本化「必ず政権交代…国民統合政府を作る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2日夕方、ソウル永登浦区(ヨンドンポク)KBS本館スタジオで開かれた中央選挙管理委員会が主管する第20代大統領選候補者第3回社会分野放送討論会に参加した国民の力の尹錫悦大統領選候補(左)と国民の党の安哲秀大統領選候補が挨拶している。[写真 国会写真記者団]

国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領選候補と国民の力の安哲秀(アン・チョルス)大統領選候補が候補一本化を宣言した。これまで駆け引きを続けてきた「野党圏ワンチーム」の最後のピースが合わせられた。安候補は尹候補への支持を宣言してから辞退し、両党は選挙後政党を合併する予定だ。

3日、尹候補と安候補は午前8時、国会疎通館で記者会見を行って「二人は本日、より良い大韓民国を作る始まりとしての政権交代、すなわち『より良い政権交代』のために意見を一致することにした」とし、「本日から政権交代に向かう国民の希望をこめて、国民統合と大韓民国の未来に向かう大長征を始める」と明らかにした。宣言文は安候補が全部発表した。

また、「本日の一本化宣言で完ぺきな政権交代が実現することを信じてやまない」として「必ず政権交代を成し遂げ、ひたすら国民の意向にしたがって、大韓民国の変革と革新に向けた大転換の時代を準備していく」とした。

さらに、「私たち二人はワンチーム(One Team)」とし「お互いの不足した部分を埋め合い、必ず政権交代を成し遂げ、相互補完的に有能で準備された行政府を通じて必ず成功した政権を作りたい」とした。

二人は「本日、私たち二人が政権交代の民意に応じてともに作ろうとする政府は未来志向的で改革的な『国民統合政府』」とし「『国民統合政府』は87年民主化以降、韓国政治の慢性病とされる勝者一人占め、憎しみと排除、分裂の政治を越える第一歩になるだろう」と述べた。

同時に「産業化と民主化をつなぐ先進化の軸をきちんと磨いて第4次産業革命を先導する『科学技術中心国家』を作り、公正と常識が生きている正しい社会として新しい大韓民国の扉を開く政府になるだろう」とし、「『国民統合政府』を通じて過去4年半間、ネロナムブル(ダブルスタンダード)、偽りと偽善、不公正など正常ではないことが繰り返されたすべての国政運営を正常化させるだろう」とした。

二人は「未来政府」「改革政府」「実用政府」「防疫政府」「統合政府」など5つの国民統合の政府ビジョンを提示した。また、「国民統合政府は大統領が一人で国政を運営する政府ではない」とし、「協力政治と協業の原則の下に国民に約束した国政パートナーとともに国政運営をともにしていく」と強調した。

さらに、「引継ぎ委員会の構成から共同政府の構成までともに協議して歴史と国民の意向に応じるだろう」とし、「すべての人事は政派にこだわらず、政界に身を置いたことのない人々まで含んで道徳性や実力を兼ね備えた専門家を登用するだろう」と説明した。

続いて、安候補は「私、安哲秀は尹錫悦候補を支持することにした」とし、尹候補は「私、尹錫悦は安哲秀候補の意志を受け継いで必ず勝利してともに成功的な国民統合政府を作って成功させる」と明らかにした。

二人は「ともに政権を交代し、ともに政権を受け継ぎ、ともに政権を準備し、ともに政府を構成して政権交代の力で政治交代、時代交代になるよう国民の力と国民の党、両党は選挙後即時合併を推進する予定」と明らかにした。

また「本日の宣言まで多く時間がかかり、迂余曲折があったが、結果的に今回の一本化は国民の皆さまが作ってくださったもの」とし、「もう統合と未来に向かう道が残っただけだ。私たちは二人とも。国民のために文在寅(ムン・ジェイン)政権の失政を正したい」とした。

さらに、「そして、その上に国民が望んできた公正や常識、科学技術中心国家の大韓民国を必ず作りたい」とし、「国民の皆さま、遅れて申し訳ない。遅れただけに、休まず、最後までしっかりと最善を尽くしていきたい」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기