본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

13万人志願入隊、ウクライナが決死抗戦…ロシア軍は予想外の苦戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

25日未明に演説するウクライナのゼレンスキー大統領。 ゼレンスキー大統領インスタグラム キャプチャー

ロシアの侵攻4日目の27日(現地時間)、ウクライナが首都キエフを防御する間、ロシア軍は第2の都市ハルキウ(ロシア名ハリコフ)に進入した。CNNなど海外メディアによると、この日、ロシアの南側国境から約32キロ離れた人口140万人の都市ハルキウ市内では双方の激しい交戦があった。3日間の攻勢の末、夜中の激しいロケット砲攻撃に続いて午前にはロシア軍が防御線を突破した。ハルキウ近隣地域でも激しい戦闘の中で大きな爆発音が聞こえたと、ドイツDPA通信は報じた。この日、ハルキウ州のシネフボフ知事はフェイスブックで「ロシア軍の軍用車両がハルキウの都心にまで入ってきた」とし「敵の数は多くない。ウクライナ軍が撃退している。民間人は避難所から離れないでほしい」と伝えた。一方、ロシア国防省は「ハリコフでウクライナ対空ミサイル連帯が降伏し、軍人471人を捕らえた」と発表したと、スプートニク通信が伝えた。ハルキウは第2次世界大戦当時にドイツとソ連が死活をかけた戦闘をした要衝地。これに先立ちロシア軍はこの日未明、キエフなど主要都市に対する波状攻勢を再開した。午前2時30分ごろ、キエフ南西側約30キロ地点にあるバシルキフ空軍基地近隣で2度の大きな爆発が目撃され、基地の石油貯蔵庫で火災が発生した。ロシア軍とウクライナ軍はキエフ郊外30地点で対峙して交戦中だ。この日、英国防省は「ウクライナ軍は2夜連続でキエフ市内でロシアの非正規軍の残党と交戦をした」とし「交戦状況は前日夜に比べると激しくはなかった」と伝えた。ウクライナ政府はキエフ通行禁止令を28日午前8時まで延長した状況だ。ロシア軍は国境に配置した兵力(約15万-19万人)の50%以上をウクライナ内に進入させた。オデッサなどウクライナ南・東部で戦闘が続いている。ロイター通信によると、ロシア政府は前日、残酷性で悪名高いロシア南部チェチェン自治共和国の軍兵力もウクライナに派兵した。AP通信はロシア軍がウクライナ軍の防御を弱めるために空軍飛行場と燃料普及施設を集中的に攻撃していると伝えた。ただ、ウクライナ軍の善戦でロシア軍が苦戦し、進軍が遅れていると、CNNは伝えた。米国防総省の当局者は「ロシアがこの24時間、勝利のための決定的な契機をつかめず、特に北側地域で苦戦している」とし「ウクライナの必死の抵抗を受けて立ち止まる雰囲気」と現状況を説明した。別の関係者も「ロシアは空中を掌握して機械化戦力で首都キエフを孤立させる計画に失敗した」と指摘した。ウクライナ国防省が27日午前11時30分に発表した戦闘状況報告によると、開戦以降ロシア軍は軍人4300人、航空機27機、ヘリコプター26機、タンク102台、装甲車など軍事用車両706台以上の損失を出した。また国防省は「キエフ北西側の軍事要衝地ホストメル地域でチェチェン特殊部隊も撃破した」と発表した。また、ウクライナ政府は死亡または捕虜になったロシア軍の人的事項を検索できるウェブサイトを開設した。ウクライナ義勇軍の領土防御軍(TDF)にはすでに約13万人が志願入隊したと、ワシントンポスト(WP)は伝えた。ウクライナ国民は火炎瓶を作ってSNSに写真を載せるなど、市街戦の支援をしている。民間人が防御する検問所などもあり、一部は散弾銃を持っているが、銃がない人は剣やハンマーを使用する考えだと、ガーディアンは伝えた。前日、ウクライナとロシアの間で行われた交渉は事実上決裂した。この日、ウクライナとの交渉のためにロシア代表団がベラルーシ南東部ホメリに到着したが、ウクライナは応じていない。ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は「ポーランドのワルシャワ、トルコのイスタンブール、スロバキア、ブラチスラバ、ハンガリー、ブダペスト、アゼルバイジャン、バークなど他の都市で交渉が行われなければならない」と明らかにした。西側はウクライナに対する追加の武器支援を急いでいる。英国・オランダ・チェコ・フランスなどに続き、殺傷武器は支援しないと話していたドイツまでがこの日、合流した。米国はジャベリンミサイルを含め、対空システム・防弾服など3億5000万ドル(約400億円)規模の武器を追加支援をする計画だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기