본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

五輪で金メダルを獲得すれば約8500万円…報奨金が最も多い国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2022北京冬季五輪のショートトラック男子1500メートル決勝で金メダルを獲得した黄大憲が10日、中国北京メダルプラザで金メダルを首にかけて喜んでいる。キム・ギョンロク記者

2022北京冬季オリンピック(五輪)に出場した国家の中で最も多い金メダル報奨金を支給する国はシンガポールという報道が出た。

15日(現地時間)、米国経済放送CNBCによると、シンガポールは金メダルを獲得した選手に米ドルで73万7000ドル(約8520万円)を支給する。この日までシンガポールで金メダリストはまだない。

シンガポールは銀メダルと銅メダルを獲得した選手に36万9000ドルと18万4000ドルの報奨金をそれぞれ支給する。

米ドルに換算すれば、シンガポールの次にカザフスタンが金メダリストに25万ドルを支給し、いてマレーシア(23万6000ドル)、イタリア(21万3000ドル)、フィリピン(20万ドル)、ハンガリー(16万8000ドル)の順だ。

米国の金メダル報奨金は3万7500ドルで、比較的に少ない水準だが、総収入100万ドルを超えない選手には報奨金に税金を課しないという。また、報奨金の他にも健康保険や最高水準の医療施設接近権の支援、大学授業料補助など他の方式でもメダリストに恩恵を与える。

冬季スポーツ強国は金メダル報奨金にケチな方だ。フォーブスによると、オランダは3万4000ドル、ドイツは2万2000ドル、オーストリアは1万9000ドルの金メダル報奨金を掲げた。この日、現在、北京大会メダルランキング1位(金12、銀7、銅7)のノルウェーは別途のメダル報奨金がないことが分かった。

韓国は今回の北京冬季五輪の金メダリストに6300万ウォン(約608万円)、銀メダルリストに3500万ウォン、銅メダルリストに2500万ウォンをそれぞれ与える。

ショートトラック男子1500メートルで金メダルを獲得した黄大憲(ファン・デホン)は政府の金メダル報奨金と大韓氷上競技連盟の報奨金(1億ウォン)、評価点数(90点)を満たして国民体育振興公団が与える奨励金4500万ウォンなど2億800万ウォンを一時金で確保した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기