본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北京選手村の食事に酷評相次ぐも…日本メディア「韓国選手団だけ特に不満」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国スケルトン代表チームが撮影した選手村の食事の様子。油っこい肉類は避けているという。[写真 韓国スケルトン代表チーム]

2022北京冬季オリンピック(五輪)に出場した韓国代表チームの一部選手が選手村の飲食店内の食事に不満を提起したことについて、

日本メディアは韓国選手だけが特にそうだという反応を示した。

朝日新聞系の週刊誌「AERA(アエラ)」は8日、日本の選手たちに選手村の食事について尋ねると「不満はない」と話しているとしながら「韓国選手団が選手村の食事に不満を抱えているという報道を見て驚いた」と伝えた。

該当メディアはスケルトン種目の尹誠彬(ユン・ソンビン)選手とスピードスケートの鄭在源(チョン・ジェヨン)選手、金ボルム選手の選手村の食事の評価を伝えた後、大韓体育会が選手団のために弁当を届けていることにも言及した。

あわせて中国北京で五輪を取材中の現地記者の発言を紹介しながら、多少割高ではあるが報道陣がメディアセンターで食事を取るにあたり「味には問題ない」と伝えた。

該当記者は「日本の選手たちに聞くと、中華料理、アジア料理、ピザ、パスタ、サラダなどメニューが100種類以上そろっているそうです」とし「『不満はないですよ(中略)』と話していたので、韓国選手団が選手村の食事に不満を抱えているという報道を見て驚きました」と話した。

これに先立ち、一部の韓国選手は選手村の飲食店の食事のほとんどが油っこくて韓国人の口に合わないと吐露していた。

鄭在源は5日、中国北京国家スピードスケート館で行われた公式トレーニングを終え、インタビューの途中で食事問題に関する質問を受けて「2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の時と大きく比較される」とし「選手村の食堂の食べ物はそれほどおいしくない。北京に到着した日の夕食に選手村の食堂を訪問してから1度も行っていない」と話した。

金ボルムは「メニューを見たら家に帰りたいという気持ちにまでなった」という言葉で満足していない様子を表現した。

スケルトン種目の選手も同じような評価を伝えた。尹誠彬は「肉だけを大げさに置いているが、実際には中身がそれほどない」とし「実は中国人は料理ができないらしい」と酷評した。鄭昇基(チョン・スンギ)は「とても油こくて消化できない」と話した。

ショートトラック代表チーム関係者も「食べられるものがほとんどない」とし「美食の国である中国で五輪が開かれてとても期待していたが、これまで行った五輪大会のうち食事の質が一番良くない」とした。

選手村の食事に不満を抱いているのは韓国選手団だけでない。ロシアオリンピック委員会(ROC)バイアスロン代表ワレリア・ワスネトコワは最近インスタグラムに出された食事を公開した後「到底食べられない食事が出てくる。体重が減って骨が出てきた…毎日毎日泣いている」と書いた。

一方、2020東京五輪当時、充実した内容の韓食弁当を選手に供給していた大韓体育会は、今回も北京選手村から15分ほど離れたホテルに給食支援センターを運営して選手たちに韓食弁当を届けている。

体育会は「鎮川(ジンチョン)国家代表選手村の栄養士および料理スタッフなど14人を現地に派遣し、4日から17日まで北京選手村に韓食弁当を届ける」と話した。

体育会は五輪大会になると現地に給食支援センターを運営し、選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートしている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기