본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本の極右「妄言製造機」石原慎太郞元東京都知事、死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
1日、小説家出身で日本の極右政治家の代名詞と呼ばれた石原慎太郞元東京都知事が死去したと共同通信が報じた。89歳。

神戸で生まれた石原氏は、1956年に一橋大学在学中に書いた小説『太陽の季節』で日本文壇の寵児として浮上した。「太陽族」という流行語も生んだ。執筆活動をしていた中、自民党所属として68年の参議院選挙に出馬・当選して政界に進出、4年後に衆議院議員に転身して通算9選の貫録を築いた。

その後、日本の極右勢力を代弁する政治家として有名になり、環境庁長官や運輸大臣などを歴任し、自民党の汎派閥政策集団「青嵐会」の中心となって活躍した。しかし、89年に自民党総裁選挙に出たが敗れ、95年に衆議院議員を辞職した。

石原氏は99年に東京都知事に当選し、13年余り在任した。在任中には人種・性差別的発言や日本の再武装など保守層を刺激する論理を主張し、日本の保守右傾化を主導したという批判も受けた。北朝鮮のミサイル発射などで対北朝鮮強硬論が盛んだったときは、日本の核武装を促す極端な主張も躊躇しなかった。

東京都知事在任中に五輪(オリンピック)誘致活動を推進し、2012年4月、訪米中に東京都としての尖閣列島購入の意向を明らかにし、日中の対立が激化する糸口を提供した。

2012年10月の4期任期中、突然知事を辞職し、同年11月に新党「太陽の党」を結成し、当時大阪市長だった日本維新の会の橋下徹代表と手を取り、衆議院選挙で国政に復帰した。しかし、2年後の2014年12月、衆議院選挙に比例代表として出馬するも落選し、政界を退いた。

韓国に対しても数多くの妄言を発した。2013年6月、東京で行った街頭演説で「慰安婦を斡旋したのは商人だが、国家が斡旋したと言ったのが河野談話」と主張し、2014年3月の記者会見では日本の朝鮮植民地化が自衛のためだったと主張した。

政界引退後は執筆と講演活動を旺盛に続けた。生前、自身が批判していた田中角栄(1918~1993)元首相の生涯を一人称で記述した小説『天才』を発表し、2016年のベストセラーになった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기