본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

東京五輪の段ボールベッドと比較される北京五輪の最先端ベッド

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

[サマー・ブリチャー選手のティックトック キャプチャー]

2月4日に開幕する北京冬季五輪選手村のベッドが最先端機能を備えており、昨年の東京五輪の「段ボールベッド」と比較されている。

リュージュ米代表チームのサマー・ブリチャー選手は27日、ティックトックを通じて北京五輪選手村のベッドを公開した。彼女は「東京五輪のように段ボールベッドか」との質問が相次ぐと、ベッドの動画を撮って公開した。

ブリチャー選手はリモコンのボタンを押してベッドの角度を調節する様子を公開した。チームUSA公式アカウントは「そうだ、このベッドは良い」と共感するコメントを残した。

北京のベッドはモーションベッドが設置されており角度調節が可能だ。ベッド製作会社のホームページではこのベッドの価格がモデルにより約80万ウォンから140万ウォンと紹介されている。

中国国営グローバルタイムズは昨年11月に、「北京冬季五輪のスマートベッドは精巧なセンサーが装着され選手の脈拍と呼吸など健康状態をチェックでき、選手が安らかに休めるよう高さ調節も可能だ」と説明した。

これは昨年日本が東京五輪で提供した「段ボールベッド」と比較される。東京五輪組織委は当時選手村に段ボールで作ったベッドを提供し、「親環境的であり約200キログラムの荷重に耐えられる」と明らかにした。

しかし複数の選手がSNSに段ボールのフレームがゆがんだ写真を上げ嘲弄の種になった。ニューヨーク・タイムズは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「アンチセックス」のベッドだとの疑惑も提起した。

当時野球イスラエル代表チームのベン・ワンガー選手は自身のティックトックに成人男性2人から9人までベッドに上がり同時に飛び跳ねる動画を公開した。段ボールベッドは9人が跳んだ後でバランスを崩して一部が破れた。これが話題になるワンガー選手は動画を削除したが、再生回数は28万回に達した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기