본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<北京五輪>知って観戦すればおもしろいスケルトン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
スケルトンはボブスレーとリュージュを合わせた3種目のうち最も速度感が感じられる種目だ。コースはボブスレーと同じだが、男女とも1人乗りのソリにうつ伏せに乗って頭から滑走する点が異なる。

他のソリ種目のように19世紀末のスイスのアルプス山岳地帯の移動手段だった「木製のソリ」に由来する。当初は欧州の富裕層のレジャースポーツとして定着し、1906年にオーストリアで初のスケルトン選手権大会が開催された。

スケルトンが冬季オリンピック(五輪)に初めて登場したのは1928年の第2回サンモリッツ大会だ。伝統の強国スイス・オーストリアではなく、米国のジェニソン・ヒートンが初代金メダリストとなった。しかし初大会後は五輪から消え、1948年に再登場し、その後また50年間は種目に含まれなかった。安定的に五輪に定着したのは2002年のソルトレイク大会からだ。当時、女子種目も含まれた。

競技コースは1200-1500メートルの間、ソリの長さは80-120センチの間だ。ソリの全体フレームは鋼鉄、体が接する面はガラス繊維を使って製作する。本体には選手が握るハンドルがあり、本体の下には鋼鉄材質のランナーが付いている。ブレーキ装置はない。

ソリの重さは男子が42キロ以下、女子が35キロ以下でなければならない。選手とソリの重さを合わせて男子は計115キロ、女子は計92キロを超過してはならない。男子が33キロ未満、女子が22キロ未満のソリを使用する場合は体重に制限がない。

2日間の日程で一日に2レースずつ行い、4回の記録を合わせて順位を決める。スタート時点の加速度、カーブ区間で最短距離で柔軟にソリを操る技術が勝負を分ける要素に挙げられる。選手は胴と脚を微妙に動かしながらソリの方向を調節する。100分の1秒差で順位が変わる種目の特性上、重心の微細な変化もレースに大きな影響を及ぼす。

過去3回の五輪ではすべて開催国の選手が金メダルを獲得している。大会前まで五輪のコースで繰り返し練習ができるホームアドバンテージが大きく作用する種目だ。韓国は2002年大会からスケルトン種目に出場している。2018年平昌(ピョンチャン)大会ではユン・ソンビン(江原道庁)が韓国選手では史上初めて金メダルを獲得した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기