본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<韓国国産戦闘機KF-21>北東アジア最強の潜在力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

KF-21の核心抗戦装備。現代戦闘機の核心的な抗戦装備のAESAレーダー、EOTOP(光学追跡装置)、IRST(赤外線追跡装置)、EW Suit(統合電子戦装置)の4つをすべて国内の技術で開発した。 [KAI]

KF-21は最近開発された最新の戦闘機で、北東アジア最強戦闘機の潜在力を持つ。外形は世界最強ステルス戦闘機F-22と似ている。韓国空軍はステルス戦闘機として米ロッキードマーティンのF-35Aを導入しただけに、KF-21は近いうちに淘汰されるF-4とF-5系列の戦闘機、さらにはF-16機種と交代する見通しだ。13日に発生した老朽KF-5E制空号戦闘機墜落事故のような不幸な事件も大きく減るとみられる。

KF-21には国内で開発した最先端AESA(能動型電子走査アレイ)レーダーとEOTOP(光学追跡装置)、IRST(赤外線追跡装置)、EW Suit(統合電子戦装置)システムなどを搭載する。戦闘機の目に該当するAESAレーダーは中国製やロシア製より性能が優れているという。国防科学研究所(ADD)が開発し、ハンファが生産した。

このAESAレーダーのおかげでKF-21は北朝鮮の戦闘機はもちろん、中国およびロシアの戦闘機よりも先に敵を把握して先にミサイルを発射することができる。KAI関係者は「KF-21のAESAレーダーには公開できない点が多い」とも話した。AESAレーダーは今年2月からボーイング737に搭載され、西海(ソヘ、黄海)上でテストをし、来年からはKF-21でもAESAレーダーの性能をテストする。

KF-21には自動姿勢回復、自動地形追跡、自動地形衝突回避、自動操縦などの機能もある。自動姿勢回復装置とは、操縦士がバーティゴ(vertigo)状態で戦闘機の姿勢に疑いがある場合、スイッチを押すだけでKF-21の姿勢を正常に戻す機能だ。過去の多くの戦闘機墜落事故が、空と海を区別できなかったり、戦闘機が逆さになっているかどうかを把握できない状態で発生している。

自動操縦と自動地形追跡および衝突回避装置は、山岳で低高度飛行する場合、座標さえ入力すればKF-21が山の高度と戦闘機の速度などを計算して衝突を避けながら目的地まで飛行できるようにする。KF-21には飛行制御コンピューターが3台もあり、2台が故障しても飛行に問題がない。3重の安全装置ということだ。

今後の課題はKF-21の進化的発展だ。国防科学研究所が開発中のステルス無人戦闘機カオリと連動した有無人複合戦闘体系とステルス機能だ。KAIのアン・ヒョンホ社長は「KF-21がステルス機能と有無人複合戦闘能力まで備えれば、北東アジアで最強の戦闘機になるだろう」という見方を示した。

KF-21にステルス機能を備えられるよう、KAIはレーダーに探知される大きさ(RCS)解析および試験で航空機の形状を最適化した。低被探知性を達成するために、各2個の垂直および水平尾翼、ひし形状の主翼と空気吸入口などをステルス戦闘機形状に設計した。ステルスに必須の内部武装倉も必要に応じて製造できるよう準備した。

レーダーに探知されやすいアンテナやセンサーなど多くの突出部を機体の中に埋めた。ステルスのための基本的な準備はできているということだ。ADDも20年ほど前からステルス設計技術と電波および赤外線吸収材料と装置を開発し、空軍の要求があればKF-21にステルス機能をさらに追加できる。

空軍はF-35を運用中だが、周辺国の状況によってステルス需要が増えればKF-21もステルスに転換できるということだ。防衛事業庁の関係者は「今でも米海軍F/A-18E/A-18E/Fスーパーホーネットより被探知面積(RCS)が小さい」と話した。スーパーホーネットのRCSは1平方メートルでステルス機でなく、戦闘機の中でRCSが一番小さい。一般的にRCSが1平方メートル以下ならステルス機能があると見なす。したがってKF-21は準ステルス機ということだ。

ADDが昨年映像で公開した国産ステルス機「カオリ」と有無人複合戦闘は重要な観戦ポイントだ。カオリは有人戦闘機よりはやや小さいが、操縦士が乗らないために武装能力を最大にできる。ADDによると、幅14.8メートル、全長10.4メートルで尾翼がないカオリは、離着陸と飛行実験に成功した状態だ。まだ戦闘機動能力やKF-21との協同作戦能力などは補完する必要がある。

しかしカオリがステルス化されたKF-21と共に戦闘に出る場合、空軍戦闘力は大きく強化される見込みだ。危険な空中戦闘任務はカオリが担当する。KAIの関係者は「KF-21の後方席に座った操縦士がカオリを操縦できるだろう」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기