본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北京五輪参加選手、人権問題を公開的に取り上げた場合は処罰へ

ⓒ 中央日報日本語版
来月4日に開幕する2022北京冬季オリンピック(五輪)に出場する選手は中国人権問題を公開に取り上げた場合、処罰を受けることになる。

北京冬季五輪組織委員会対外連絡部のYang Shu副局長は19日(現地時間)、英国BBCに対して「五輪精神に従うすべての表現は保護される」としながらも「五輪精神、特に中国法と法規に背くいかなる行動や発言も処罰対象」と述べた。

続いて中国入国ビザであり、選手村と競技場の出入証として五輪期間に参加選手の身分証も兼ねているADカードを取り消す場合もあると処罰事例を挙げた。

米国をはじめ英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本などは中国政府の新疆ウイグル地域人権弾圧を問題にして北京冬季五輪の外交的ボイコットを宣言した。

ヒューマン・ライツ・ウォッチのミンキー・ウォーデン氏は「中国で選手は監視され、自由に話したり行動したりする権利は制約されるだろう」としながら「選手が世界最高水準の競争を行いながら、一方で個人の安全にも気を遣わなければならない状況は、近代五輪時代において前例のないことであり本当に悲劇」と評した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기