본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

『イカゲーム』チョン・ホヨン、全米映画俳優組合賞にノミネート…「私の写真がジェニファー・アニストンの隣に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

モデル兼女優のチョン・ホヨン(上の段左から2人目)。[チョン・ホヨンのインスタグラム キャプチャー]

モデル兼女優のチョン・ホヨンがNetflix(ネットフリックス)シリーズ『イカゲーム』で第28回全米映画俳優組合賞(SAGアワード、以下SAG)主演女優賞にノミネートされた所感を述べた。

チョン・ホヨンは13日、自身のインスタグラムに英語で「SAGの皆さんに感謝する。まず、『イカゲーム』チームが共に過ごした時間を一層価値のあるものにしてくれた『最高のアンサンブル』の候補に指名されて本当に嬉しい」と述べた。

続けて「この作品を通じて初めて演技し、チームで一緒に何かを作ることが私たちの社会の真の価値だと思った」とし「1人で成し遂げた成果よりも共にすることがより大切だということを感じた」とコメントした。

またチョン・ホヨンは世界的女優らと共に候補に上がったことにも感謝の意を表した。

チョン・ホヨンは「私がノミネートされたという事実に本当に驚いた。ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、エリザベス・モス、サラ・スヌークの写真の横に私の写真があって幸せ」とし「投票してくださったすべての方々に感謝する」と述べた。

最後にチョン・ホヨンは韓国語で「本当にとても素敵な経験をさせてくれた我らがファン・ドンヒョク監督、キム・ジヨン代表をはじめとする『イカゲーム』チーム、Netflixコリアを愛している。とても感謝している」と改めて感謝を伝えた。

SAGは12日(現地時間)、第28回授賞式の候補者リストを発表した。『イカゲーム』は合計4部門にノミネートされた。SAGの大賞に当たるテレビドラマシリーズ・アンサンブル賞の候補とテレビドラマ・スタント部門アンサンブル賞の候補に上がり、イ・ジョンジェとチョン・ホヨンがそれぞれテレビドラマ部門の主演男優賞・主演女優賞候補に名を連ねた。

SAG史上、韓国ドラマはもちろんのこと、非英語圏のドラマが候補に指名されたのは今回が初めて。

SAGは米国の俳優会員が俳優仲間の演技力を認める賞という点で意味が大きい。2020年SAG授賞式ではポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』の出演俳優らがで映画部門アンサンブル賞を受賞し、『ミナリ』のユン・ヨジョンは2021年授賞式で映画部門助演女優賞を受賞した。

今年のSAG授賞式は2月27日、米サンタモニカ・バーカーハンガーのイベントホールで行われる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기