본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ガールズグループRed Velvetアイリーンにいじめられたというエディター、訴訟準備開始

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ガールズグループRed Velvetのアイリーン[写真 韓国ニッカンスポーツ]

ガールズグループRed Velvet(レッドベルベット)のメンバー、アイリーン(30)に甲チル(カプチル、契約上の優位な立場を利用した暴挙・パワハラ)されたと暴露したエディター出身のスタイリストが悪質コメントに対する法的対応を予告した。

15日、スタイリストA氏は自身のインスタグラムで「これ以上、このままやり過ごすことはできない」とし「隈なく調べて来週から訴訟準備を始める」と述べた。

続けて「前回の資料もすべて整理して持っており、弁護士はすで2度会った」とし「汚いお金は必要なく、合意などは絶対にない。一家の恥さらしとは何か、思い知らせる」と強調した。

また、「静かに自分を守るためにギリギリの所で留まっていたが、今回は最後までやってみる。待っていろ」と付け加えた。

これに先立ち、A氏は昨年10月、アイリーンから暴言を吐かれるなど、甲チルされたと暴露した。A氏はインスタグラムを通じて「知らない部屋で地獄のような20分余りだった。椅子に座って、立っている私の面前で、携帯電話を手に落ち、顔を指さしながら言葉を浴びせかけた」とし、「『乙』の立場である人に徹底的に踏みつけられ、やられる経験をした」と吐露した。

A氏は加害者を明かさなかったが、投稿にRed Velvetの曲のタイトルの「サイコ(psycho)」とRed Velvetのアイリーン・スルギの曲のタイトルの「モンスター(monster)」のハッシュタグを付けた。オンラインコミュニティのネットユーザーの間で当該芸能人がアイリーンだという反応が出た。

アイリーンはA氏の暴露から2日後、当該芸能人が自身だと認め、謝罪文を公開した。アイリーンは「愚かな態度と軽率な言葉でスタイリストの方の心を傷つけ、心から申し訳なく思う」とし「今後はこのようなことがないように、もっと慎重に考えて行動する」と謝罪した。

その後、アイリーンはA氏とも会い、直接謝罪を伝え、Aさんも暴露文を削除して甲チル問題は一段落した。

しかし、甲チル暴露後、A氏は何度も悪質コメントよる被害を訴えてきた。A氏はアイリーンの謝罪後、ファンと推定されるネットユーザーらに対し、無分別な非難を止めてほしいと求めた。

今年1月にもA氏は「どうか私に嫌がらせをしないでほしい」とし「私は彼女のためにじっとしているし、これが最後のお願い」とした。しかし、悪質コメントがさらに激化し、最近は外国のファンダムまで悪質コメントに加担していた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기