본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

真珠湾攻撃80周年…韓国軍が肝に銘じるべき日米の2つの失敗(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
◇保身主義の指揮官を選んだ日本海軍指揮部

山口多聞少将ら指揮官と参謀、操縦士が真珠湾攻撃部隊司令官である南雲忠一中将に3次攻撃を建議した。日本は3次攻撃で真珠湾の海軍修理施設と燃料貯蔵庫を破壊しようとした。だが南雲中将は撤収を命令した。

南雲の論理はこうだった。戦果は十分に収め、真珠湾で見つけられなかった米国の空母が反撃することができた。第1次攻撃後に米国の防衛も厳しくなった。

事実南雲は出動前に永野修身海軍軍令部総長から「艦隊を最大限保存せよ」という指針を受けた。途轍もない生産力を持っている米国と戦争をするには日本は船を増備することに劣らず船を失わないように気を遣わなければならなかった。

また、日本が第3次攻撃をしたとしても米国の能力ならば修理施設と燃料貯蔵庫をすぐに復旧しただろう。

しかし、問題は南雲の消極的な指揮だった。キム・ジンヒョン元第2艦隊司令官(予備役海軍少将)は、「戦争は作戦計画通りには進まない。戦況は常に流動的なためだ。上部の指針があっても将帥ならば戦機を逃さず戦果を拡大しようとする」と話した。

南雲は1942年6月4~7日に太平洋の真ん中のミッドウェイでもまごついて誤判断を下した。ミッドウェイ海戦で日本は空母4隻と精鋭操縦士数百人を失った。その後日本は敗戦への道を歩むことになった。

航空機に対してまったく知らない南雲を航空艦隊(空母機動部隊)指揮官に座らせた日本海軍指揮部に最も大きな責任がある。南雲は水雷戦専門家だ。年功序列で航空艦隊指揮官になったのだ。それより階級の低い山口が航空戦専門家だった。

旧日本軍に関する本を何冊も出したチェ・ジョンホ弁護士は、「日本海軍は『ハンモックナンバー』という海軍兵学校の卒業成績と年功序列を土台にした人事をした。こうした人事システムの下で実力のある指揮官が抜擢されるのは容易でない」と説明した。

チェ・ジョンホ弁護士は「韓国軍の人事制度も旧日本海軍と大差ない。ここに地域配分という要素が加わっただけ。韓国軍にも南雲のような指揮官はいないと壮語できるだろうか」と反問した。

◇まさかと油断して日本空母の行方見失う

事実米国は日本の攻撃に対する事前兆候を捕らえていた。日本海軍は6カ月ごとに変更していた艦隊のコールサインを1カ月ぶりの1941年12月1日にすべて変更した。日本海軍の核心である第1・第2航空戦隊が突然消えた。

攻撃2日前の12月5日、米海軍の駆逐艦が真珠湾近海で日本の潜水艇を撃沈した。攻撃当日には米陸軍のレーダーが日本の攻撃隊を発見した。だが米軍指揮部は新米駆逐艦艦長の報告を信じることができず、米本土から飛来するB17爆撃機の編隊だと考えた。

日本が空母を率いて真珠湾を爆撃するのは不可能だと考えたのだ。1年前の1940年11月11日に英国が空母でイタリア海軍の母港であるタラントを空襲した。しかし、真珠湾は日本から遠い距離にあり、防衛網ももっとしっかりしていた。

真珠湾は水深12メートルと浅く、戦闘艦を沈める航空魚雷は干潟に打ち込まれると米国は考えた。しかし、日本は魚雷の尾部に木翼を取り付けた。こうすると魚雷が10メートルより下に沈まない。黄色人種の国である日本を見下していた米国の人種的偏見も作用した。

チェ・ジョンホ弁護士は「作戦分野で大きな指揮官は作戦計画に否定的な情報を無視しようとする傾向が出てくる。そのため自身が考える状況に合う情報を直接収集したりもする」と話した。チェ・ジョンホ弁護士は「日本海軍は作戦を優先にし、情報と軍需のような分野を副次的だと考えた。こうした性向は韓国軍も似ている」と指摘した。

「かが」にまつわる日米関係は国際政治で永遠なる敵も、友達もないという現実を見せる。同時に真珠湾攻撃は韓国に大きな教訓を与える。当時の米国と日本が犯した失敗は韓国軍が必ず肝に銘じて犯してはならないものだ。韓国軍の特性上、まねる可能性が大きいためだ。
真珠湾攻撃80周年…韓国軍が肝に銘じるべき日米の2つの失敗(1)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기