본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>金英権、ガンバ大阪退団決定…Kリーグ行き有力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サッカー韓国代表の中央DF金英権(キム・ヨングォン、31)が現所属チームのガンバ大阪と再契約しなかった。韓国Kリーグ行きの可能性が高まる雰囲気だ。

ガンバ大阪は3日、球団ホームページに「金英権が2021シーズン限りでチームを離れることになった」と発表した。これに先立ち日本メディアは「ガンバ大阪が今季で契約が満了する金英権を残留させるために数年間の延長契約を提示した」と伝えたが、再契約は実現しなかった。

ガンバ大阪退団が決まった金英権は5日の第38節の最終戦を最後に自由契約選手(FA)となる。同時に金英権がKリーグでプレーするという期待感も高まっている。日本メディアは先月、「Kリーグ1の蔚山現代が金英権に大型契約を提案した。洪明甫(ホン・ミョンボ)蔚山監督が積極的にラブコールを送り、交渉が終わった」と伝えた。

蔚山球団も当時、「まだ具体的に契約に合意したのではない」としながらも「金英権に関心があり、共感している状態だ。選手がKリーグに来れば迎える意思があり、概略的な条件も議論した」と説明した。

金英権のシーズン最終戦が終われば、去就が近いうちに公開される可能性が高い。金英権はAマッチ(国家代表間の試合)85試合に出場した韓国代表の主軸DF選手。2010年にFC東京に入団してプロ生活を始め、大宮アルディージャ、中国広州恒大を経て2019年からガンバ大阪でプレーしていた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기