본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WHO「オミクロン株、致命率の判断はまだ早い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

最近13カ国でデルタ株より感染力が強いオミクロン株が登場した29日午前、仁川国際空港第1旅客ターミナルを通じてフランクフルトとハバロフスクからの旅客機を利用した乗客が入国している。[写真 空港写真記者団]

世界保健機関(WHO)が1日(現地時間)、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染力について「数日以内により多くの情報を得ることができるだろう」と明らかにした。

WHOは6日に会議を開き、自然免疫とワクチンによる免疫がオミクロン株を含む新型コロナウイルスにどれほど効果を発揮するかについて議論する予定だ。WHOのテドロス事務局長は「新たな変異株が伝染性、致命性、ワクチン回避などにどんな影響を及ぼすかはまだ分からない」とし「ウイルスの終息まで変異株が発見されて広がることは繰り返される」と述べた。続いて「オミクロン株は23カ国で報告されている」とし「国境の封鎖はオミクロン株を防ぐことができない」と批判した。

WHO技術チーム長のマリア・ファンケルクホーフェ博士はこの日、オンライン記者会見で「オミクロン株に感染した一部の患者は軽い症状が見られるが、重症事例の報告もある」と伝えた。また「南アフリカでの入院率増加がオミクロン株の致命性を立証すると見るのはまだ早い」とし「(入院率の急増は)オミクロン株の致命性のためではなく、新型コロナウイルスの一般的な増加が理由かもしれない」と話した。

ファンケルクホーフェ博士はオミクロン株がデルタ株より伝染性が高い可能性があると憂慮したが、「オミクロンの致命率について判断するのは早い」という立場を表した。続いて「依然としてデルタ株が新型コロナウイルスの優勢な変異株であり、各国がデルタ株を防ぐためにすでに持っているあらゆる手段を動員すればオミクロン株の拡大も防げるだろう」という見解を示した。

米国で最初のオミクロン株感染者が確認された中、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長はこの日、「今後2週または2週半ほど経過すれば、オミクロン株の感染力についてより多くのことを知るだろう」と述べた。

一方、英国の医薬品医療製品規制庁(MHRA)は英製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)と米製薬会社ビア・バイオテクノロジーが共同開発した新型コロナ治療薬の使用を承認したと、ロイター通信が2日報じた。

通信によると、MHRAはGSK-ビアの新型コロナ抗体治療薬ソトロビマブ(VIR-7831)の使用を許可し、この治療薬はゼビュディ(Xevudy)という名称で販売される計画だ。これと別にGSKはこの日の声明で、ソトロビマブがオミクロン株にも効果があることが分かったと明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기