본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

国連事務総長、各国の渡航制限に「ウイルスに国境ない…不公正」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

国連のアントニオ・グテーレス事務総長 [中央フォト]

国連のアントニオ・グテーレス事務総長が、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロンの流行による各国の渡航制限を「不公正だ」と批判した。

グテーレス事務総長1日(現地時間)、米ニューヨーク国連本部でアフリカ連合(AU)-国連年次会議を終えた後、記者らに対し「ウイルスには国境がない。どちらか一つの国または地域を孤立させる渡航制限は非常に不公正で、懲罰的であり、効果もない」と述べた。

これはオミクロン株が初めて発見された南アフリカ共和国などアフリカ国家を対象に世界各国が導入した渡航制限を非難したのだ。

特にオミクロン株を発見して国際社会に報告した南アフリカはむしろ差別を受けているとし、強い不満を表している。

グテーレス事務総長は「アフリカの人たちが極めて重要な保健科学情報を発見して世界と共有したのに、むしろ集団懲罰を受けるということがあってはいけない」と強調した。

グテーレス事務総長はアフリカの人口の6%だけがワクチン接種を終えたという統計を提示しながら、アフリカを含むすべての国がワクチン製造能力を備えるようにすべきだと促した。

続いて「低いワクチン接種率とワクチンへの不公平な接近が重なれば、変異株の温床が作られるかもしれない」と警告した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기