본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

オミクロン株、南アフリカで拡大「週末までに3倍に増加、一日1万人予想」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルス(新型肺炎)の新型変異ウイルス「オミクロン株」が初めて見つかった南アフリカ共和国で、早ければ週内に一日感染者数が3倍まで急増する可能性があるとの見方が出てきた。

29日(現地時間)、ロイター通信によると、南アフリカの伝染病権威でクワズール・ナタール大学と米コロンビア大学で教鞭をとるSalim Abdool Karim教授は「週末までに一日感染者数が1万人を超える可能性がある」と説明した。

南アフリカ政府のパンデミック初期首席顧問を務めたKarim教授は、この日の記者会見で「これまでのワクチンが重篤症の感染を防ぐために効果的でなければならないが、南アフリカの病院が2~3週内に病床需給の圧迫を受けるおそれがある」と懸念した。

Karim教授はただし、「オミクロン株が臨床的に悪いものでないなら、今のところは確かに赤信号を示していない」と付け加えた。Karim教授は「ワクチンは通常、感染を防ぐ抗体免疫とは違ったT細胞免疫により、依然とオミクロン株に対してそれなりに保護を提供するものと考えられる」と説明した。

28日基準で南アフリカの新型コロナ感染者は2858人で、前日3220人よりは減少したものの、2週間前の300人に比べて大幅な増加が続いている。経済の中心地であるヨハネスブルクを含むハウテン地域で特に感染者が増えていると米ニューヨーク・タイムズ(NYT)は伝えた。

オミクロン株は今月11日にボツワナで初めて感染者が発生し、25日南アフリカ政府が識別した未知の新型コロナ変異株だ。世界の優勢株であるデルタ株より重篤・死亡率の面で悪い影響を及ぼす変異株であるかどうかは追加の分析が必要な状態だ。ワクチン接種済みの人々と一度感染して回復した人々の間で形成された免疫をどれくらい回避するのかに対する分析も必要だ。南アフリカ側の予測から判断する限り、少なくとも伝染スピードは非常に速いとみることができる。

現在まで南アフリカでオミクロン株の感染患者を治療した医者は乾性咳嗽や発熱、冷や汗をはじめとする軽い症状だけを示したと報告している。ただし感染者の大部分が40歳以下の若年層なので、高齢層や基底疾患のある患者など脆弱階層に対する影響力は引き続き見守っていかなくてはならない。

世界保健機関(WHO)もオミクロン株の全般的なグローバルリスクを「非常に高い」と評価した。世界的なオミクロン株の恐怖でパンデミック初期における各国の「国境閉鎖ドミノ」が再現される可能性があるとの懸念も出てきている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기