본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

G7、オミクロン株に緊急対応…南アフリカ「渡航制限を自制すべき」反発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

コロナ変異株「オミクロン株」

主要7カ国(G7)の保健相が29日(現地時間)、新型コロナの新たな変異株「オミクロン」への緊急対応が必要だという意見で一致した。

この日、G7の保健相はオミクロン関連の緊急オンライン会議後に発表した声明で、南アフリカがオミクロン株を発見して警鐘を鳴らしたことを高く評価した。

オミクロン株の報告後、各国が南アフリカと近隣国への航空便を取り消して入国を制限すると、南アフリカは強く反発している。南アフリカのラマポーザ大統領はこの日、「世界各国は正当でなく科学的でない渡航制限を自制する必要がある」と述べたと、ロイター通信は伝えた。

ラマポーザ大統領はセネガルの首都ダカールで開催された中国-アフリカ首脳会議の開幕式で渡航制限措置は開発途上国に被害を与えると指摘した。前日にも世界主要国の南アフリカ発航空便の制限を強く批判していた。

G7の保健相は、国際社会が伝播力の強い変異株の脅威に直面し、緊急対応が必要だ、と強調した。G7は渡航制限に反発する南アフリカをなだめ、ワクチン寄付約束を守り研究開発を支援することにした。同時にワクチン偽物情報も遮断すると強調した。次回のG7保健相会議は12月に開催される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기