본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国野党大統領候補の洪準杓氏、外交公約を発表「GSOMIA維持、慰安婦強制労役問題の早期解決」

ⓒ 中央日報日本語版

洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員

韓国大統領選挙に立候補している野党「国民の力」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員が外交公約を27日、発表した。

洪氏は韓日関係に対して、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を維持し、岸田文雄首相と「韓日間の未来協力のための包括的パートナーシップ共同宣言」を推進すると明らかにした。また、慰安婦および強制労役問題は早期に解決されるようにすると約束した。

洪氏はこの日、記者会見を開き、「『国益優先』の大原則の下、韓米・韓中・韓日など崩れた対外関係を正常化することによって国の自負心を回復し、主要7カ国(G7)先進国飛躍の基礎を用意する」と明らかにした。

このほか、韓日米自由主義価値同盟を強固にする国益優先主義の原則に基づき、「2050外交・安保戦略」を用意してグローバル主導国家として世界秩序を主導する外交・安保大戦略の策定するほか、米国と核共有協定締結、韓米原子力協定の改正要求、中国との不合理な外交約束の公式破棄などを進めていくことを公約に掲げた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기