본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「なくて買えない」売り上げ40%急増…日本で人気の韓国ドリンク

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

[CJ第一製糖ホームページ キャプチャー]

日本で爆発的な人気を呼んでいる韓国の飲み物がある。CJ第一製糖の飲用酢「美酢」だ。

CJ第一製糖が26日に明らかにしたところによると、昨年日本市場で美酢の売り上げは1300億ウォンだった。前年の860億ウォンから51.2%増加した。上半期も前年同期比で売り上げが40%以上増えた。

美酢は水や牛乳、酒などで割って飲む果物発酵酢だ。水で薄めて飲んでも良く、炭酸水で割って楽しむこともできる。牛乳と混ぜればヨーグルトのようになるという感想もある。ビールや焼酎で割って飲む人もいる。

韓国では2010年初めに人気を呼んだがだんだんと販売量が減った。これに対しCJ第一製糖は2015年に日本市場を拡大した。発売初期には反応がわずかだったが、全国のコストコを回り試飲行事を行う努力の末に徐々に日本でも人気が出始めた。

CJ第一製糖は「果物発酵酢になじみがない日本の消費者に美酢の特長を知らせようと試飲行事が容易なコストコに先に進出した。認知度が高まり美酢のメインターゲット層である20~30代の女性が主に訪れるドラッグストアと輸入食品専門店などに流通チャンネルを拡大した」と明らかにした。

水や牛乳、炭酸水などと混ぜて多様なドリンクとして活用できる特長を生かしカフェにも進出した。実際に銀座にあるカフェ「スキュー」はテスト販売を経て「美酢ドリンク」を正式メニューにして盛況裡に販売している。その後大型マート、小売店など伝統流通チャンネルにも納品し持続して販売ルートを広げていった。

ラインナップ多角化戦略も活用した。初めて日本に進出した当時はザクロ味だけだったが、日本の消費者の好みなどを反映しカラマンシー、パイナップル、マスカット、もも、いちご、みかんの7種類に拡大した。2019年4月にはストレートタイプの「美酢いちご&ジャスミン」も出した。

美酢は2019年に日本のコストコで加工食品分野の単一品目基準売り上げ1位になった後、着実に人気を維持している。日本のSNSでは「なくて買えない」「見つけたらとりあえず買っておけ」という話まで出ている。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기