본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領、イタリアG20出席へ…「訪朝意思」表した教皇と会談も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

21日午後、全羅南道高興の羅老(ナロ)宇宙センターで韓国型ロケット「ヌリ号」(KSLV-2)打ち上げを参観した後、発射統制管理室で研究員を励ます文在寅大統領。 青瓦台写真記者団

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が28日に出国し、イタリアで開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議と英国で開催される国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第26回締約国会議(COP26)に出席する。2つの多者会議後にはハンガリー国賓訪問が続く。

文大統領は特に今回の歴訪の最初の訪問先イタリアでフランシスコ教皇と会談する予定だ。

青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官は22日、「文大統領が29日に教皇庁を公式訪問し、フランシスコ教皇、パロリン教皇庁国務長官とそれぞれ会談する」とし「普遍的人類愛を実践し、全世界の宗教界の指導者と韓半島(朝鮮半島)の平和増進、コロナ、気候変動、貧困・飢餓などグローバル懸案解決のための知恵を出し合う契機になるだろう」と述べた。

文大統領の教皇庁訪問は2018年10月に続いて2回目となる。教皇は当時、「北朝鮮の公式招請状が届けば訪問することが可能」と訪朝意思を明らかにしたが、まだ実現していない。

青瓦台関係者は「韓半島問題に深い関心を表してきた教皇と韓半島平和プロセスに関する幅広い対話が予想される」とし「教皇が訪朝意思を何度か表しているので関連の議論もあるだろう」と伝えた。

文大統領の今回の歴訪には李仁栄(イ・インヨン)統一部長官も同行する予定だ。青瓦台は李長官の同行について「いろいろと意味のある提案と活動をするのではないかと考える」と説明した。

文大統領は教皇との会談後、30日からの2日間はG20首脳会議に出席する。青瓦台はコロナ感染拡大以降初めて対面形式で行われる今回のG20首脳会議期間に主要国首脳とさまざまな形態の2国間会談を行う予定だ。特にバイデン米大統領と会談するかどうかが注目される。

文大統領はG20に続いて来月1日と2日には英グラスゴーで開催されるCOP26に出席し、気候危機に対応するための韓国の温室効果ガス削減意志などを強調する計画だ。

文大統領はCOP26出席後にはハンガリーのヤーノシュ大統領の招請でハンガリーを国賓訪問する。ハンガリー訪問中にはハンガリー・スロバキア・チェコ・ポーランドが参加する欧州内の地域協議体ヴィシェグラードグループ首脳会議とビジネスフォーラムも予定されている。韓国大統領のハンガリー訪問は2001年の金大中(キム・デジュン)元大統領以来20年ぶりとなる。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기