본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

次期駐中米国大使、「中国、集団虐殺などやめるべき…新型コロナ起源究明を妨害」

ⓒ 中央日報日本語版
次期駐中米国大使に指名されているニコラス・バーンズ元米国務次官は20日、中国に対しコロナウイルスの起源を究明するのを妨害したり、少数民族の人権弾圧と台湾への圧力を止めるよう促した。

ロイター通信によると、バーンズ氏はこの日の上院外交委員会の公聴会で中国に向けかウイグル地域の集団虐殺、チベットの虐待、台湾に対する圧力を中断すべきと話した。

バーンズ氏は米国が台湾に関し「ひとつの中国政策」を取るのは正しいが、現状を毀損する一方的行動に反対することもやはり正しいと話した。また、米国には台湾の安全保障支援を深めるために多くの行動の自由があるとしながら、中国が台湾に関してした約束を充足するだろうとは信じられないと話した。

また、中国が新型コロナウイルスの起源を究明するに当たり全世界を妨害したと批判した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기