본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮「新型潜水艦発射弾道弾を試験発射」…SLBMと確認

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2019年10月2日のSLBM「北極星3」発射

北朝鮮が19日に東海上に発射した弾道ミサイルに対し、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と確認した。

朝鮮中央通信は20日、「朝鮮民主主義人民共和国国防科学院は19日、新型潜水艦発射弾道弾の試験発射を進めた」と伝えた。

通信は「国防科学院は5年前に初めて潜水艦発射戦略弾道弾を成功裏に発射し、共和国の軍事的強勢を示威した『8.24英雄艦』から再び新型の潜水艦発射弾道弾を成功させた誇りと栄光を手にし、党中央に忠誠の報告を差し上げた」と明らかにした。

続けて「国防科学院は、側面機動と滑空跳躍機動をはじめとする多くの進化した操縦誘導技術が導入された新型の潜水艦発射弾道弾は国の国防技術高度化とわが海軍の水中作戦能力向上に大きく尽くすことになると明らかにした」と伝えた。

この潜水艦は北朝鮮が11日に国防発展展覧会で公開した「ミニSLBM」とみられる。北朝鮮はこのSLBMが滑空跳躍機動したと明らかにしており、終末段階でプルアップ(上下機動)の特性を見せたと推定される。

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は試験発射を指導した名簿に含まれておらず参観していないとみられる。

これに先立ち韓国合同参謀本部は19日午前10時17分ごろ咸鏡南道新浦(ハムギョンナムド・シンポ)の東側海上から東海上に発射した弾道ミサイル1発を捕捉した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기