본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「ヤンセン予防効果5カ月で88→3%、ブースターショット急がれる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ヤンセン製ワクチン

米国でヤンセンワクチンのブースターショット(追加接種)を急がなければならないという主張が出ている。時間の経過に伴い、予防効果が急激に低下しているためだ。

ニューヨーク・ポストは今月16日、「専門家がヤンセンワクチン接種者にできるだけはやくブースターショットの接種を促している」と報じた。メディアによると、ブラウン大学公衆衛生大学院のアシシュ・ジャー学部長はCNNのインタビューで「このワクチン(ヤンセン)はおそらく2回接種しなければならないワクチン」と主張した。

同紙は14日、医学論文事前公開サイト「medRxiv」に発表された研究結果を引用し、ヤンセンワクチンの効果が低下すると指摘した。ヤンセンワクチンを接種した62万人の除隊軍人を分析したところ、今年3月88%だった予防効果が8月には3%に急落した。同じ期間、モデルナは92%から64%に、ファイザーは91%から50%に落ちた。

15日、米食品医薬局(FDA)諮問委はヤンセンワクチンのブースターショットを全員一致で承認するよう勧告した。新型コロナ予防接種対応推進団のホン・ジョンイク予防接種管理チーム長は13日のブリーフィングで「(韓国内で)ヤンセン接種を始めたのが6月なので、追加接種期間が12月に到来する」とし「その前にヤンセンワクチンに対する具体的な追加接種施行計画を確定する」とした。

韓国ではヤンセン接種者の間でブレイクスルー感染(突破感染)事例が特に目立って確認されている。今月3日基準で、ブレイクスルー感染者発生率はヤンセン0.216%(10万人あたり216.1人)と最も高い。アストラゼネカ0.068%(10万人あたり67.9人)、混合接種0.051%(10万人あたり50.8人)、ファイザー0.043%(10万人あたり43.2人)、モデルナ0.005%(10万人あたり4.9人)の順だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기