본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ヤンセン製接種者12月にブースター接種、再度ヤンセン製接種も=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ヤンセン製ワクチン

ヤンセン製新型コロナウイルスワクチン接種者も12月ごろに、接種完了者を対象にした追加接種の「ブースター接種」を受けることになるものとみられる。ヤンセン製は1回の接種で完了するが、これまでブレイクスルー感染事例が相次いでおり追加接種の必要性が提起された。ただブースター接種のワクチンの種類と、健康な一般のヤンセン製ワクチン接種者がブースター接種を受けることになるかは決まっていない。

新型コロナウイルス予防接種対応推進団のホン・ジョンイク予防接種管理チーム長は13日、「(韓国で)ヤンセン製ワクチン接種を始めたのが6月で追加接種時期が12月に到来する。それまでにヤンセン製ワクチンに対する具体的な追加接種施行計画を専門家諮問、予防接種専門委員会審議を通じて確定するだろう」と話した。

韓国政府は高齢者などに対し接種完了後6カ月が過ぎればブースター接種を受けられるようにしている。ヤンセンも12月になると接種後6カ月になる接種者が出てくるためブースター接種を検討するという意味だ。

ヤンセン製ワクチンは主に30代の予備軍など社会・経済活動が活発な年齢層が打った。だがファイザーやモデルナなどのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンより相対的にデルタ株に対する予防効果が劣り、ブレイクスルー感染事例が相次いだ。3日基準で10万人当たりのブレイクスルー感染発生率はヤンセンが0.216%で、ファイザーの0.043%より5倍も高かった。

ただヤンセン製接種者がブースター接種で打つことになるワクチンの種類は決まっていない。ホン氏は「ヤンセン製接種者に対しmRNAワクチンで接種する日程を持っている」としながらも「だが最近の研究動向によりヤンセン製ワクチンで追加接種が可能だという根拠ができたのでそうした部分も綿密に検討している」と話した。

米オンラインメディアのアクシオスは12日、ヤンセン製接種後のブースター接種でmRNAワクチンを打つ場合、さらに強力な中和抗体反応を見せるという米国立衛生研究所(NIH)の研究結果を報道した。これに対しヤンセンの親会社であるジョンソン・エンド・ジョンソンは8月に、ヤンセン製を追加接種する場合、抗体水準が1回接種後4週間後より9倍高まったと発表している。

健康な一般人のヤンセン製接種者がブースター接種対象になるかは未定だ。10月の接種計画上、ブースター接種対象者は新型コロナウイルス対応病院従事者や60歳以上の療養病院患者、免疫低下者などだ。ファイザーやモデルナなどワクチンの種類を離れ一般成人は基本的にブースター接種対象ではない。ホン氏は「一般人へ追加接種するかどうかは内外の研究結果と他の国の政策動向などを検討して決めるだろう」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기