본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】前例のないインフレの恐怖、徹底的に備えなくては=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
いままで経験したことのなかった「エネルギーインフレ」の恐怖が世界を襲っている。その震源は急騰するエネルギー価格だ。5日のブルームバーグによると、11月引き渡し分のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)価格は前日比2.3%急騰した77.62ドルを記録した。これは2014年11月から7年ぶりの高値水準だ。北海産ブレント原油もやはり81.26ドルに上昇し100ドルを視野に入れている。これまで国際エネルギー市場で原油価格が上がれば値段が安いシェールオイルの生産が増え価格安定に寄与してきた。だがあまりにも上昇が急激で、シェールオイルの価格安定効果もすぐには現れていない。

根本的には産業構造の地殻変動の余波が大きい。親環境産業に重点を置いたESG(環境、社会、ガバナンス)政策が拡散しエネルギー価格急騰に油を注いだ。風力依存度が高まった欧州で最近風があまり吹かず、石炭と天然ガスの需要が急増しているためだ。この余波で欧州の天然ガス取引指標であるオランダTTFの11月先物は前日比19%急騰し、MW h当たり118ユーロで取引され過去最高を記録した。年初比では400%の急騰だ。新型コロナウイルスの衝撃から徐々に抜け出しエネルギー需要が回復したことも天然ガス価格急騰をあおった。

問題は現在のエネルギー供給環境では短期間に原油価格の安定を期待しにくいという点だ。すなわち冬が近づいてエネルギー需要が急騰し価格安定を難しくしている。この余波ですべての生産費用が上昇し、国民が体感する物価も急に上がっている。すべての経済活動の出発点であるエネルギー価格が上昇し物価を全方向的に刺激しているためだ。きのう統計庁が発表した9月の消費者物価指数は前年同月比2.5%上昇し、半年にわたり2%台の上昇を持続している。これで今年は2012年から9年ぶりに年間2%台の物価上昇率は避けにくくなった。

すべての物価の出発点であるエネルギー価格が上がり、最近では値段が上がっていない製品がない。特に野菜・果物・畜産・加工食品・生活用品など生活必需品価格が上昇している。牛乳価格も引き上げが予告されており、卵・豚肉・即席めんなど基本生活必需品価格も不安になっている。しかもいまは親環境経済へと転換する過程で「グリーンインフレ」がともに起きており企業の生産支障も懸念されている。電気自動車バッテリーに使われるアルミニウム・銅・ニッケルなど関連原材料需要が増加しているが、生産規制により供給が需要に追いついておらず物価が跳ね上がっているためだ。

弱り目にたたり目で、住宅価格急騰で住宅費負担が重くなり、原油価格上昇の余波で電気料金引き上げ圧力も高い。政府と企業は韓国を襲うインフレの恐怖を振り払うのに万全の備えに出なければならない。前例のなかった様相であるだけに隙のない対応が必要だろう。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기