본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>大谷、MVP期待高まる…模擬投票で全員1位票

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「怪物」大谷翔平(27、LAエンゼルス)の最優秀選手(MVP)選出の可能性が高まっている。

米CBSスポーツは6日(日本時間)、自社メジャーリーグ担当記者5人が参加して実施したアメリカンリーグ(AL)とナショナルリーグ(NL)のMVP、サイ・ヤング賞など模擬投票の結果を公開した。大谷に1位票が集中した。

2大リーグのMVPは全米野球記者協会(BBWAA)所属記者30人の投票で決定する。MVP、新人王、サイ・ヤング賞のBBWAA記者団投票は4日のシーズン終了直後に締め切られ、ワールドシリーズ終了後に発表される。

模擬投票では大谷のMVP受賞の可能性が確認された。大谷は今季、打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁をマークし、リーグでトップ級打者として大活躍した。投手としては23試合に先発出場し、9勝2敗、防御率3.18をマークした。奪三振は156。シーズン終盤は勝運が伴わず、1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりとして期待された2けた勝利・本塁打同時達成はならなかった。

しかしこの成績だけでもすでに最高の実力が認められている。投手と打者で同時に卓越した才能を見せ、人気を独占した。メジャーリーグ史上初めてオールスターに投手・野手として同時に選抜されたほか、100イニング-100奪三振-100安打-100打点-100得点の大記録を達成した。

大谷の最も強力なライバルに挙げられるウラジミール・ゲレロ・ジュニア(トロント・ブルージェイズ)が2位票4枚、3位票1枚で2位だった。ウラジミール・ゲレロ・ジュニアはAL本塁打(48本)1位タイで、得点(123)、出塁率(0.401)、長打率(0.601)で1位。メジャーリーグ二塁手として最多本塁打をマークしたマーカス・セミエン(トロント)が2位票1枚、3位票3枚で3位となった。

ナショナルリーグのMVP模擬投票ではフアン・ソト(ワシントン・ナショナルズ)が1位票5枚のうち3枚を受け、1位票2枚のブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)を上回った。

アメリカンリーグのサイ・ヤング賞には全員がロビー・レイ(トロント)を選んだ。柳賢振のチーム同僚のレイは今季32試合で193イニング1/3を投げ、13勝7敗、防御率2.84、248奪三振をマークした。ナショナルリーグではザック・ウィーラー(フィラデルフィア)が1位票4枚を受け、マックス・シャーザー(LAドジャース)を抑えてサイ・ヤング賞の可能性を高めた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기