본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米ルーシッド、837キロ走行でテスラの記録抜いた…その裏には韓国製バッテリー(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ルーシッドのエア・ドリーム・エディション。[ルーシッドホームページ キャプチャー]

「第2のテスラ」をめぐる競争が熱い。テスラが持っていた1度の充電で走れる電気自動車の最大走行距離を塗り替え、世界の自動車業界で初めて電気自動車によるピックアップトラックを出したスタートアップが注目を集めている。特にこれら企業が活用した電気自動車の動力源はいずれも韓国製バッテリーであることがわかった。

23日の外信とバッテリー業界によると、米国の電気自動車スタートアップのルーシッド・モーターズは16日に米環境保護局(EPA)から電気自動車「エア・ドリーム・エディション・レンジ」モデルで520マイル(約837キロメートル)の走行距離等級を与えられた。EPAが現在まで認証した電気自動車のうち1度の充電で最も長距離を走行した記録だ。これまではテスラの「モデルSロングレンジ」が持つ652キロメートルが最高記録だった。だがルーシッドがテスラより185キロメートル長い走行記録を打ち立てたのだ。

テスラの主任エンジニア出身でルーシッドを率いるピーター・ローリンソン最高経営責任者(CEO)は「最大走行距離は単純に大型バッテリーを設置したのではなく、世界最高水準の技術力が導いた成果」と明らかにした。バッテリーだけでなく空気力学的なデザインに、さらに小さく効率的なモーターと部品を使った点を強調した。その一方で、どの会社のバッテリーを搭載したのかは明らかにしなかった。

◇最長走行1~3位、サムスンとLGのバッテリー搭載

米電気自動車専門メディアのグリーンカーリポートによると、ルーシッドの「エア・ドリーム・エディション・レンジ」にはサムスンSDIのバッテリーが搭載された。サムスンSDIは2016年からルーシッドの高性能電気自動車に搭載される円筒形バッテリー開発を進めてきた。

ルーシッドはエア・ドリーム・エディション・レンジのほかにも、「エア・グランド・ツーリング」は830キロメートル、「エア・ドリーム・エディション・パフォーマンス」は724キロメートル以上の走行距離の認証を受けた。これら二つの車種にはLGエネルギーソリューションの円筒形バッテリーが搭載されたとグリーンカーリポートは伝えた。LGエネルギーソリューションはルーシッドと昨年次世代円筒形バッテリー供給契約を締結した。

米国で公式認証を受けた最も長距離を走る電気自動車1~3位にはすべて韓国製バッテリーが搭載された。テスラのモデルSロングレンジはパナソニックのバッテリーを使っている。今年末に引き渡しが始まる予定のルーシッド「エア」は基本価格が7万7400ドルからだ。エア・ドリームは16万9000ドルに達する。
米ルーシッド、837キロ走行でテスラの記録抜いた…その裏には韓国製バッテリー(2)

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기