본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WHOとFDAの科学者「一般人はブースター接種必要ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルスワクチン

「一般人は新型コロナウイルスワクチンのブースター接種をする必要はない」という趣旨の専門家の意見が相次いで出ている。ブルームバーグは13日、米食品医薬品局(FDA)と世界保健機関(WHO)所属の科学者が英医学専門誌ランセットにこうした内容の専門家レビューを掲載したと報道した。

FDAのワクチン研究審議室長ら18人の科学者はレビューで「現在まで出された証拠では一般大衆に対するブースター接種が必要とはみられない。大流行の現段階では大規模なブースター接種は適切でない」と明らかにした。ワクチン接種から数カ月が過ぎ抗体が減っても免疫系がこれを記憶しており、今後新型コロナウイルスに感染しても再び免疫反応が現れるだろうというのが彼らの主張だ。彼らは「ブースター接種は2回の接種だけで十分な免疫反応を生成できない一部対象者に限定すべき。ブースター接種を急いだり広範囲に導入する場合、心筋炎などワクチンの異常反応リスクがもっと大きくなるかもしれない」と警告した。

韓国の感染症分野の権威であるソウル大学病院感染内科のオ・ミョンドン教授(新型感染症中央臨床委員会委員長)も8日にソウル大学病院の専門医対象講演で「個人的に一般成人の場合、2回接種だけでも基礎接種は十分だ。体内にある記憶細胞のためだ」と明らかにした。オ教授は「ワクチン接種あるいは自然感染後に時間が過ぎれば中和抗体の値は下がるが、記憶細胞は長く残ることができる。天然痘ワクチン接種者を追跡した結果50年後まで、スペイン風邪患者の場合90年後でも記憶細胞が検出された」と説明した。このため2回接種を終えたならブレイクスルー感染しても重症化するのは予防できるというのが彼の説明だ。ただオ教授もやはり免疫が低下した患者の場合、3回目の接種が必要だということには同意した。

専門家らはこれを根拠に、貧しい国のより多くの人が保護される時までブースター接種を中断することを促した。WHOのテドロス事務局長は8日、「裕福な国と貧しい国の間の深刻なワクチン不平等問題が続いている。少なくとも今年末までブースター接種のモラトリアム(猶予)を延長すべき」と主張した。

韓国防疫当局の悩みも大きくなるものとみられる。疾病管理庁予防接種専門委員会は先月30日、「基本接種完了6カ月後からブースター接種を施行すべき」と勧告し、防疫当局は療養病院入所者らを対象に10-12月期のブースター接種計画をまとめている状態だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기