본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国で20代男性、ファイザー製ワクチン1回目の接種5日後に自宅で死亡しているのが見つかる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ファイザー製ワクチン

京畿道金浦市(キョンギド・キンポシ)でファイザー製新型コロナウイルスワクチンを接種した20代の男性が死亡しているのが見つかった。

金浦警察署などが13日に明らかにしたところによると、11日午前10時ごろ、金浦市内のマンションの室内で20代の男性が死亡しているのをホームヘルパーが発見し警察に通報した。

男性は6日にファイザー製ワクチンの1回目の接種を受けた後に頭痛などの症状を見せていたという。遺族は男性が幼少時に基礎疾患があり、病院で診療を受けたりもしたが、成人になってからは大きな異常はなかったと主張した。

警察は男性の遺体を国立科学捜査研究院に送って解剖検査を依頼し、ワクチンとの関連性など正確な死亡原因を調べる予定だ。警察関係者は「現在までAさんの死因と関連し確認できた部分はまったくない。ひとまず男性の遺体解剖検査結果を見守らなければならない」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기