본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「我々は裏切られた」…アフガン3つ星将軍が挙げた3大敗因

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
イスラム武装勢力タリバンにカブールを明け渡したアフガニスタン政府軍のサミ・サダト司令官が25日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)への寄稿で「我々は裏切られた」と吐露した。

アシュラフ・ガニ大統領はサダト司令官にカブール死守を命令した後、15日にカブールが陥落すると、札束を持って逃げた。3つ星将軍のサダト司令官は「3カ月半の間、アフガニスタン南部ヘルマンド州で昼夜を問わずタリバンに対抗して激しく戦った。カブールに呼ばれて行った時はすでにタリバンが都市に進入していた。あまりにも遅かった」とし「私は疲れ、挫折し、怒りを感じた」と伝えた。

サダト司令官は特に、バイデン米大統領が最近の演説で「アフガニスタン軍さえも自分たちのために戦おうとしない戦争で、米軍が死ぬことはできず、死んでもならない」と述べたことに強く反論した。

サダト将軍は「アフガニスタン陸軍が戦う意志を失ったのは事実」としながらも「これは米国の同盟から捨てられたという印象と、この数カ月間のバイデン大統領の発言に表れた、我々を無視する態度が強まったため」と明らかにした。

続いて「バイデン大統領と西側の高官がアフガニスタン陸軍が崩壊したことに対する根本的な理由に触れず非難するのがつらい。カブールとワシントンの政治的な分裂が軍隊の首をしめた」と主張した。

「アフガニスタン軍が戦おうとしなかった」という指摘に対し、この20年間に全体兵力の5分の1の6万6000人が戦死した事実を挙げたサダト将軍は、「アフガニスタン軍が崩れた理由は3つある」とし▼トランプ前大統領の平和協定▼軍需支援と整備支援の中断▼アフガニスタン政府の蔓延した腐敗--を指摘した。

最初に挙げた敗因は、昨年2月にカタール・ドーハでトランプ前大統領によって締結された米国とタリバンの協定だ。米軍撤収を既成事実化した。サダト将軍はそれ以前まで大きな勝利を得られなかったタリバンがこれをきっかけに起死回生したと主張した。

サダト将軍は「我々はずっと戦ってきたが、バイデン大統領が4月のトランプ前大統領の計画を守ると確認し、すべてが崩れ始めた」と説明した。

また軍需業者が先に撤収して技術的な支援を受けられなくなり、これら業者がソフトウェアを持っていったため、先端武器をまともに使用できなかったと、サダト将軍は伝えた。

さらにアフガニスタン政府と軍部の蔓延した腐敗を「無視できない敗因」に挙げた。サダト将軍は不正腐敗を「この国の本当の悲劇」と表現した。個人的な縁で構築されたシステムは人々に信頼を与えることができなかったということだ。食糧供給と燃料不足の裏には腐敗があったという自省だ。

サダト将軍は「戦いの最後の日は超現実的」だったと振り返った。サダト将軍は「地上で銃撃戦が起きても米軍戦闘機は見物するように上空を旋回し、捨てられたという印象を受けた」と当時の挫折感を説明した。続いて「タリバンの砲火の中で我々の軍人は飛行機の音を聞きながらなぜ空中支援をしないかと尋ねた」と伝えた。

サダト将軍は「我々は政治と大統領から裏切られた」とし「アフガニスタン戦争は国際戦争だ。一つの軍隊だけでは任務を果たすことができない」と文章を終えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기