본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

尹美香議員「日本の空港で下着まで脱がせと指示、犯罪者扱いされた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

尹美香議員。[中央フォト]

前韓国挺身隊問題対策協議会代表の尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員(無所属)が過去に日本の空港で犯罪者扱いを受けたと主張した。

尹議員は14日に日本の市民団体が主催した、金学順(キム・ハクスン)公開証言30年を記念した日本軍慰安婦被害者を称える日のオンラインセミナーの基調講演でこのように明らかにした。

尹議員は過去に自身が日本を訪問した事例に言及し、「大阪で2017年8月11日に空港ですぐにおかしな事務所に連れて行かれた」と話した。

尹議員は「(事務所で)30分から1時間にわたり『なぜ来たのか。どこへ行くのか。大阪でだれに会うのか』などほとんど取り調べをするように犯罪扱いを受けた」と明らかにした。

彼はまた「広島空港では『下着に何が入っているのか。ドルの札束や銃器類、麻薬はあるか』という質問を受けた。不合理で不当な調査をする方法を通じて脅かし嫌がらせするそんなことが起きることになった」と話した。

尹議員は、当時はこうしたことがなぜ起きるのかわからなかったが、10日にMBCテレビで放映された『PD手帳』の報道で真相が明らかになったと主張した。

尹議員は韓国国家情報院が自身と旧日本軍慰安婦被害者の訪日の際に日本の公安と右翼団体に情報を与えたという報道内容を紹介し、「衝撃的なのはあの女(尹議員)の下着まで脱がせろと指示したことが明らかになった」と述べた。

尹議員はまた「なぜ朴槿恵(パク・クネ)政権当時にこのようなことが起きたのだろうか」と主張した。ただ、大阪訪問時に空港で犯罪者扱いを受けたと主張した2017年8月は文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後だ。

一方、尹議員は挺身隊対策協の補助金・後援支援金の流用容疑などで起訴され、現在裁判を受けている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기