본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】韓国次期大統領選予備候補の尹錫悦氏、「民乱、120時間勤務」の発言は不適切だった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
検察総長出身である次期大統領選予備候補の尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏が相次いで非難を浴びた。妻と妻の母をめぐる家族関連疑惑で一度論争に巻き込まれて支持率が上下するかと思ったら、候補自身の発言が俎上に上がった。失言が繰り返されれば、候補の斬新性が傷つけられて信頼を失うだろう。

尹氏は最近、論議を呼んでいる3つの発言を相次ぎ吐き出した。20日、メディアとのインタビューで「ゲーム一つを開発するためには一週間に52時間でなく、120時間でも頑張って働いてから、その後に思う存分休むべきだ」としてスタートアップ若者の話を引用した。文在寅(ムン・ジェイン)政府の週52時間制を批判した趣旨は理解できるが、120時間の引用は行き過ぎた。

光州(クァンジュ)を訪問した17日には「光州は経済が発展できず、18年前と同じだ」として涙ぐんだ。光州の民心を得るための発言とみられるが、地域の変化像を度外視して光州だけが不利益を受けてきたような感じを与える誇張された表現だった。20日、大邱(テグ)では昨年新型コロナの初期に与党報道官の「大邱封鎖」の発言を批判した。また、「未熟で狂った話が吐き出されて、大邱市民の喪失感が大きかっただろう」とし、「他の地域だったら、民乱から起きただろうという話が出回るほどだった」と語った。

当時、世論を伝える形で話したが、「未熟で狂った話」「民乱」の発言は荒くて不適切だった。大邱と他の地域を区分して地域感情を刺激し、政治的誤解を招きかねない懸念をもたらした。いかなる場合にも亡国的な地域感情をあおって票をえようとする無責任な発言は許されない。

スイスの言語学者ソシュールは「言葉は存在の家」と言った。「言葉はまもなく精神」とも言われる。使うコおt場がその人を表わすという意味だ。先賢が発言に気を付けるように呼びかけた理由だ。複雑な世の中を表現する時は、精製された言葉を使ってこそより多くの共感と支持を得ることができる。特に、すべての国民が注目している支持率先頭の大統領候補なら尚更だ。汝矣島(ヨイド)の政治は混濁している暴言の公害ですでにレッドオーシャンになって久しい。汝矣島の政治家たちが国民から不信を受ける理由でもある。政治新人であるほど、品のある言葉を駆使してこそ、韓国政治の品格も高くなる。

「考えに気を付けろ。言葉になる。言葉に気を付けろ。行動になる。行動に気を付けろ。習慣になる。習慣に気を付けろ。性格になる。性格に気を付けろ。運命になる。私たちは考える通りになる」。マーガレット・サッチャー元英国首相の警告を十分に吟味してほしい。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기