본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「五輪選手村にテレビ・冷蔵庫ない」批判に…日本「有料レンタル」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

日本語で表示された選手村のリモコン sns キャプチャー

東京オリンピック組織委員会が選手村にテレビと冷蔵庫がないという批判に対し、「有償レンタル対象であり、選手団のオーダーがあってこそ提供する」と述べた。

日本現地メディアによると、東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)は選手村の施設に関する指摘に対し「基本的に冷蔵庫とテレビは有償レンタル対象」と述べた。



続いて「しかるべきタイミングにオーダーがなされていれば、組織委が提供する責務があるし、当然やっている」とし、問題を提起したロシア側からの発注はなかったと主張した。また、今後要請があれば「できるだけ柔軟に対応する」と話した。

これに先立ち1988年ソウルオリンピック(五輪)から9回目の五輪参加となる露フェンシングのイリガル・マメドフ監督は選手村の部屋が狭くて「中世のようだ」と批判した。

このほか「4、5人の選手が入る客室にトイレが1つしかない」「テレビと冷蔵庫がない」「エアコンのリモコンが日本語しか書かれていない」など不満の声があった。耐久性が疑われる「段ボールベッド」も話題になった。

こうした中、日本の卓球、柔道、レスリングなどメダル有望種目の選手らは外部宿泊施設を利用することが明らかになった。これを受け、米国女子体操代表チームも選手村でなくホテルに滞在することを決めた。

米国代表チームは福島産の食材が提供される選手村の食事の代わりに、自国から空輸した飲食品を食べることにした。これに先立ち日本は、選手に別途の弁当を提供することにした韓国政府に対し「福島の住民の心を踏みにじる行為」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기