본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領、BTSを文化特使に任命…9月の国連総会で希望のメッセージ伝える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

昨年9月19日の第1回青年の日記念式での文在寅大統領とBTS。[写真 青瓦台写真記者団]

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、防弾少年団(BTS)を「未来世代と文化に向けた大統領特別使節」に任命した。

この日青瓦台(チョンワデ、大統領府)のパク・ギョンミ報道官は書面会見を通じ、「文在寅大統領は持続可能な成長など未来世代に向けたグローバル議題を先導し、国際社会で向上した韓国の地位に見合った外交力の拡大に向けBTSを特使に任命した」と明らかにした。

BTSは特使として9月の第75回国連総会など主要国際会議に参加し、世界の青年たちに慰労と希望のメッセージを伝える予定だ。

また、環境、貧困と不平等改善、多様性尊重などグローバル課題解決に向けた国際協力を促進する多様な活動を計画中だ。

パク報道官は「特別使節任命は国民の外交力結集を通じて外交の地平を広げていこうとする公共外交の一環。全世界を舞台に卓越した活動を広げる民間専門家との協力を通じてグローバル課題を主導する国のイメージ向上のため推進された」と説明した。

その上でパク報道官はBTSの『Permission to Dance』の歌詞には慰労のメッセージ、振りつけに込められた手話メッセージ、多様な人種の共存と和合のメッセージが込められているとし、「世界との連帯と協力を通じてコロナ危機を克服していくという大韓民国の意志と相通じるところがあり今回の特別使節任命はさらに大きい意味を持つ」と評価した。

続けて「新型コロナウイルス長期化で疲れている世界の人に希望と肯定のエネルギーを伝えてきたBTSが大統領特別使節として展開していく活動はポストコロナ時代の先導国として韓国の地位を向上するのに大きく寄与すると期待される」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기