본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓日首脳会談の不発…韓日関係の改善に向けて努力を継続しなければ=韓国メディア

ⓒ 中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左)と菅義偉首相

東京オリンピック(五輪)契機とした文在寅(ムン・ジェイン)大統領と菅首相間の首脳会談が失敗に終わった中、韓国メディアは関係改善に向けた対話を継続するべきだと主張した。

韓国日刊紙「国民日報」は20日付「文大統領の訪日白紙化をもたらした日本の偏狭さ…対話のひもは維持してほしい」という見出しの社説で「文大統領の残りの任期内に首脳会談が実現することが事実上難しくなり、過去史問題と日本の輸出規制の解除などの懸案解決がさらに遠くなったのではないかと思われる」とし、「今後、外交当局の間でも着実に会談して関係改善に向けた努力を続けてほしい」と伝えた。

韓国日刊紙「東亜日報」は20日付の「文大統領の訪日反故に…葛藤の悪循環の輪を断ち切ることが難しい」という見出しの社説で「文大統領の訪日失敗は韓日間葛藤の谷がどれくらい深いかを繰り返し確認させたことと言わざるを得ない」として「たとえ今回も機会を生かすことができなかったが、未来の両国関係に大きい汚点を残さないためには、今後も転換点を探るための努力を怠ってはならない」とした。

韓国日刊紙「韓国日報」は20日付「日本の無誠意で失敗に終わった文大統領の訪日と首脳会談」という見出しの社説で「首脳会談の失敗まで両側が繰り広げた攻防は残念な韓日関係の現住所を改めて見せている」とし「時間が多くないが、今後も両首脳が手を握って政治でない外交を復元する姿を期待する」と報じた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기